サポートされているデータ型と値 - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サポートされているデータ型と値

Amazon QuickSight は現在、、DateDecimal、 のプリミティブデータ型をサポートしていますIntegerString。では、次のデータ型がサポートされていますSPICE。Date、、Decimal-fixedDecimal-floatInteger、、および String。 QuickSight アクセプトブール値を整数に昇格させることで、ブール値。また、地理空間のデータ型から引き出すこともできます。地理空間データ型は、メタデータを使用して物理データ型を解釈します。緯度と経度は数値です。その他のすべての地理空間カテゴリは文字列です。

データソースとして使用するテーブルまたはファイルには、これらのデータ型に暗黙的に変換できるフィールドのみが含まれるようにします。Amazon は、変換できないフィールドや列を QuickSight スキップします。「フィールドは、サポートされていないデータ型を使用しているため、スキップされました。」というエラーが表示された場合は、クエリまたはテーブルを変更し、サポートされていないデータ型を削除または予測します。

文字列とテキストデータ

文字を含むフィールドまたは列は、文字列と呼ばれます。データ型のフィールド STRING は、最初はほぼすべての型のデータを含むことができます。例としては、名前、説明、電話番号、アカウント番号、JSON データ、都市、郵便番号、日付、計算に使用できる数字などがあります。これらのタイプは、一般的な意味ではテキストデータと呼ばれることもありますが、技術的な意味ではサポートされていません。データセット列では、バイナリおよび文字ラージオブジェクト (BLOBsは QuickSight サポートされていません。 QuickSight ドキュメントでは、「text」という用語は常に「string data」を意味します。

データを初めてクエリまたはインポートすると、 は、日付や数値など、他の型として識別されるデータを解釈 QuickSight しようとします。フィールドまたは列に割り当てられたデータ型が正しいことを、確認すると良いでしょう。

インポートされたデータの文字列フィールドごとに、 は 8 バイトのフィールド長と UTF-8 でエンコードされた文字長 QuickSight を使用します。Amazon QuickSight は UTF-8 ファイルエンコーディングをサポートしていますが、UTF-8 (BOM 付き) はサポートしていません。

日付と時刻のデータ

データ型のフィールドには時間データDateも含まれ、Datetimeフィールドとも呼ばれます。 は、サポートされている日付形式 を使用する日付と時刻 QuickSight をサポートします。

QuickSight は、日付データのクエリ、フィルタリング、表示に UTC 時間を使用します。日付データでタイムゾーンが指定されていない場合、 は UTC 値を QuickSight 引き受けます。日付データがタイムゾーンを指定すると、 はそれを UTC 時間で表示するように QuickSight 変換します。例えば、 のようなタイムゾーンオフセットを持つ日付フィールド2015-11-01T03:00:00-08:00は UTC に変換され、Amazon では QuickSight として表示されます2015-11-01T15:30:00

インポートされたデータ内の各DATEフィールドについて、 は 8 バイトのフィールド長 QuickSight を使用します。QuickSight は UTF-8 ファイルエンコーディングをサポートしていますが、UTF-8 (BOM 付き) はサポートしていません。

数値データ

数値データには、整数と小数が含まれます。データ型が の整数INTは、小数点以下の桁数を持たない負または正の数値です。大きい整数と小さい整数は区別 QuickSight されません。値を超える整数 9007199254740991 または 2^53 - 1 は、ビジュアルに正確に、または正しく表示されないことがあります。

データ型 Decimal の小数は、小数点の前後に小数位が少なくとも 1 つ含まれている負または正の数です。ダイレクトクエリモードを選択すると、すべての非整数 10 進数型が Decimal としてマークされ、基盤となるエンジンは、データソースのサポートされている動作に基づいてデータポイントの精度を処理します。サポートされているデータソースのタイプの詳細については、「サポートされているデータ型と値」を参照してください。

データセットを に保存するときはSPICE、小数値を fixedまたは 10 float進型として保存できます。 Decimal-fixed データ型は小数点以下 18 桁まで使用できる小数 (18,4) 形式を使用します。 Decimal-fixed データ型は正確な数学演算を実行するのに適していますが、値が に取り込まれると、その値を四捨五入して 1 万位に QuickSight 切り上げますSPICE。

Decimal-float データ型は、値に対して約 16 有効桁の精度を提供します。有効桁は、小数点以下の桁数が多い数値と非常に大きい数値を同時にサポートするために、小数点のいずれの側にも適用できます。例えば、Decimal-float データ型は、数値 12345.1234567890 または数値 1234567890.12345 をサポートします。0 に近い非常に小さな数値を扱う場合、Decimal-float データ型は小数点の右側で最大 15 桁までサポートします (例: 0.123451234512345)。このデータ型がサポートする最大値は 1.8 * 10^308 です。これは、データセットでのオーバーフローエラーの発生確率を最小限に抑えるためです。

Decimal-float データ型は不正確で、一部の値は実際の値ではなく、近似値として保存されます。これにより、特定の値を保存したり、返したりするときに、わずかな不一致が生じる可能性があります。Decimal-float データ型には次の考慮事項が適用されます。

  • 使用しているデータセットが Amazon S3 データソースからのものである場合、SPICE はすべての 10 進数の値に Decimal-float の 10 進数型を割り当てます。

  • 使用しているデータセットがデータベースからのものである場合、SPICE はデータベース内で値が割り当てられている 10 進数型を使用します。例えば、データベース内で値に固定小数点の数値が割り当てられている場合、その値は SPICE の Decimal-fixed 型になります。

Decimal-float データ型に変換できるフィールドを含む既存の SPICE データセットの場合、[データセットを編集] ページにポップアップが表示されます。既存のデータセットのフィールドを Decimal-float データ型に変換するには、[フィールドを更新] を選択します。オプトインしたくない場合は、[フィールドを更新しない] を選択します。データセットが保存および公開されるまで、[データセットを編集] ページを開くたびに [フィールドを更新] のポップアップが表示されます。以下の画像は、[フィールドを更新] のポップアップを示しています。

[フィールドを更新] がポップアップ表示されます。