Amazon S3 に接続できない - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon S3 に接続できない

Amazon S3 に正常に接続するには、認証を設定し、アクセスしようとしているバケット内に有効なマニフェストファイルを作成してください。また、マニフェストによって示されたファイルが使用可能であることを確認してください。

認証を検証するには、Amazon QuickSight が S3 アカウントへのアクセスを許可されていることを確認します。ユーザーが許可されているだけでは不十分です。Amazon QuickSight は個別に許可されている必要があります。

Amazon QuickSight に Amazon S3 バケットへのアクセスを許可するには

  1. 右上の AWS リージョンリストで、[米国東部 (バージニア北部)] リージョンを選択します。この AWS リージョンは、アカウントの権限を編集する際に一時的に使用します。

  2. Amazon QuickSight 内で、プロファイル名 (右上) を選択します。[Manage QuickSight (QuickSight の管理)]、[Security&permissions (システムとアクセス許可)] の順に選択します。

  3. [Add or remove (追加または削除)] を選択します。

  4. リストで Amazon S3 を探します。次のいずれかを選択します。これらのアクションにより、[S3 buckets (S3 バケット)] を選択できる画面が開きます。

    • チェックボックスがオフになっている場合は、[Amazon S3] の横にあるチェックボックスをオンにします。

    • チェックボックスが既に有効になっている場合は、[詳細]、[Select S3 buckets (S3 バケットを選択)] の順に選択します。

  5. Amazon QuickSight からアクセスするバケットを選択します。続いて、[Select] を選択します。

  6. [更新] を選択します。

  7. このプロセスの最初のステップで AWS リージョンを変更した場合は、使用する AWS リージョンに戻します。

マニフェストファイルが有効であることを確認することを強くお勧めします。Amazon QuickSight がファイルを解析できない場合、エラーメッセージが表示されます。これは、「We can't parse the manifest file as valid JSON」または「We can't connect to S3 bucket」のようなものです。

マニフェストファイルを確認するには

  1. マニフェストファイルを開きます。Amazon S3 コンソール () でこれを行うことができます。https://console.aws.amazon.com/s3/。マニフェストファイルに移動し、[Open] を選択します。

  2. マニフェストファイル内で指定されている URI または URL が、接続先のファイルを示していることを確認します。

  3. ファイルをアップロードするのではなく、マニフェストファイルへのリンクを使用する場合は、マニフェストファイルが正しく形成されていることを確認します。リンクには、.json という単語の後に追加のフレーズを含めるべきではありません。S3 コンソールの詳細で [リンク] の値を見ることで、S3 ファイルへの正しいリンクを得ることができます。

  4. https://jsonlint.com にあるような JSON バリデーターを使用して、マニフェストファイルの内容が有効であることを確認してください。

  5. バケットまたはファイルに対するアクセス権限を確認します。左https://console.aws.amazon.com/s3/で、Amazon S3 バケットに移動し、[アクセス許可タブをクリックし、適切な権限を追加します。アクセス権限のレベルが適切である (バケットに対するもの、またはファイルに対するもの) であることを確認します。

  6. https:// ではなく s3:// プロトコルを使用している場合は、バケットを直接参照していることを確認します。たとえば、次のようになります。s3://awsexamplebucket/myfile.csv の代わりに s3://s3-us-west-2.amazonaws.com/awsexamplebucket/myfile.csv。 Amazon S3 を二重に指定するには、s3://ともっとs3-us-west-2.amazonaws.comなどの他のファイルを編集すると、エラーが発生します。

    マニフェストファイルと Amazon S3 への接続の詳細については、「」を参照してください。Amazon S3 マニフェストファイルでサポートされている形式

さらに、Amazon S3 データセットが「」のステップに従って作成されたことを確認します。Amazon S3 ファイルを使用したデータセットの作成

Amazon S3 に接続するために Athena を使用する場合は、「」を参照してください。Amazon Athena Connect できない