Amazon S3 ファイルを使用したデータセットの作成 - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon S3 ファイルを使用したデータセットの作成

Amazon S3 から 1 つまたは複数のテキストファイル(.csv、.tsv、.clf、または .elf)を使用してデータセットを作成するには、Amazon QuickSight のマニフェストを作成します。Amazon QuickSight はこのマニフェストを使用して、使用するファイルと、それらのインポートに必要なアップロード設定を特定します。Amazon S3 を使用してデータセットを作成すると、ファイルデータはに自動的にインポートされます。SPICE

ファイルを読み取る Amazon S3 バケットへのアクセス権を Amazon QuickSight に付与する必要があります。AWS リソースへのアクセス権の Amazon QuickSight への付与については、「」を参照してください。データソースへのアクセス

Amazon S3 データセットを作成するには

  1. Checkデータソースクォータ「」を確認して、ターゲットファイルセットがデータソースクォータを超えないようにします。

  2. Amazon S3 マニフェストファイルでサポートされている形式」で指定されているいずれかの形式を使用して、インポートするファイルを特定するためのマニフェストファイルを作成します。

  3. マニフェストファイルをローカルディレクトリに保存するか、Amazon S3 にアップロードします。

  4. Amazon QuickSight の開始ページで [] を選択します。データセット

  5. リポジトリの []データセットページで [] を選択します。データセット

  6. 新しいデータソースからの セクションデータセットの作成ページで、Amazon S3 アイコンを選択します。

  7. [Data source name (データソース名)] に、データソースの説明を入力します。この名前はこのデータソースを他と区別しやすくするためです。

  8. [Upload a manifest file] で、以下のいずれかを実行します。

    • ローカルのマニフェストファイルを使用するには、[Upload]、[Upload a JSON manifest file] の順に選択します。[Open] で、ファイルを選択してから [Open] を選択します。

    • Amazon S3 のマニフェストファイルを使用するには、URL[] を選択し、マニフェストファイルの URL を入力します。Amazon S3 コンソールで既存のマニフェストファイルの URL を検索するには、該当するファイルに移動し、そのファイルを選択します。リンク URL を含むプロパティパネルが表示されます。URL をコピーし、Amazon QuickSight に貼り付けることができます。

  9. [接続] を選択します。

  10. 接続が完了したことを確認するには、[Edit/Preview data] を選択します。または、データをそのまま使用する分析を作成するには、[Visualize] を選択します。

    選択した場合データの編集/プレビューでは、データの準備の一環としてデータセット名を指定できます。それ以外の場合、データセット名はマニフェストファイルの名前と一致します。

    データ準備の詳細については、「データ準備」を参照してください。