Amazon Route 53 Application Recovery Controller の準備状況チェック - Amazon Route 53 Application Recovery Controller

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Route 53 Application Recovery Controller の準備状況チェック

Amazon Route 53 Application Recovery Controller の準備状況チェックを使用すると、アプリケーションとリソースが復旧の準備が整っているかどうかを把握できます。Route 53 ARC で AWS アプリケーションをモデル化し、準備状況チェックを作成すると、チェックは AWS リソースクォータ、容量、ネットワークルーティングポリシーなど、アプリケーションに関する情報を継続的にモニタリングします。次に、アプリケーションのレプリカにフェイルオーバーする機能に影響する変更について通知を受け取り、イベントから復旧することを選択できます。準備状況チェックは、マルチリージョンアプリケーションをフェイルオーバートラフィックを処理するようにスケーリングおよび設定された状態で継続的に維持できることを確認するのに役立ちます。

この章では、Route 53 ARC でアプリケーションをモデル化して、アプリケーションを説明するリカバリグループとセルを作成することで、準備状況チェックが機能する構造を設定する方法について説明します。次に、Route 53 ARC がアプリケーションの準備状況を監査できるように、準備状況チェックと準備状況の範囲を追加するステップに従います。

準備状況チェックを作成すると、リソースの準備状況ステータスをモニタリングできるようになります。準備状況チェックは、スタンバイアプリケーションレプリカとそのリソースが本番稼働用アプリケーションの容量、ルーティングポリシー、その他の設定の詳細を反映して、本番稼働用レプリカと継続的に一致することを確認するのに役立ちます。レプリカが一致しない場合は、容量を追加したり、設定を変更して、アプリケーションレプリカを再度調整したりできます。

重要

準備状況チェックは、アプリケーションのレプリカの設定とランタイムの状態が一致していることを継続的に確認するときに、最も役立つサービスです。準備状況チェックは、本番のレプリカが正常かどうかを示すために使用すべきではありません。また、準備状況チェックを、災害発生時のフェイルオーバーの主要なトリガーとして使用すべきでもありません。

アプリケーションの回復力のある復旧プロセスを設定する

複数の AWS リージョン AWS にあるアプリケーションで Amazon Route 53 Application Recovery Controller を使用するには、リカバリの準備状況を効果的にサポートできるように、アプリケーションの耐障害性を設定するためのガイドラインに従う必要があります。次に、アプリケーションの準備状況チェックを作成し、フェイルオーバーのためにトラフィックを再ルーティングするためのルーティングコントロールを設定できます。また、レジリエンシーを高めるアプリケーションのアーキテクチャについて、Route 53 ARC が提供する推奨事項を確認することもできます。

注記

アベイラビリティーゾーンによってサイロ化されたアプリケーションがある場合は、フェイルオーバーリカバリにゾーンシフトまたはゾーンオートシフトを使用することを検討してください。ゾーンシフトやゾーンオートシフトを使用して、アベイラビリティーゾーンの障害からアプリケーションを確実に復旧するためのセットアップは必要ありません。

ロードバランサーリソースのアベイラビリティーゾーンからトラフィックを移動するには、Route 53 ARC コンソールまたは Elastic Load Balancing コンソールでゾーンシフトを開始します。または、ゾーンシフト API アクションで AWS Command Line Interface または AWS SDK を使用できます。詳細については、「Amazon Route 53 Application Recovery Controller のゾーンシフト」を参照してください。

回復力のあるフェイルオーバー設定の開始方法の詳細については、「」を参照してくださいAmazon Route 53 Application Recovery Controller のマルチリージョンリカバリの開始方法