同時実行スケーリングを使用する - Amazon Redshift

同時実行スケーリングを使用する

同時実行スケーリング機能を使用すると、一貫した高速のクエリパフォーマンスで、事実上無制限の同時ユーザーと同時クエリをサポートできます。

同時実行スケーリングが有効になっている場合、Amazon Redshift は自動的に新たなクラスターキャパシティーを追加し、読み取りと書き込み両方でクエリの増加に対応します。クエリをメインクラスターと同時実行スケーリングクラスターのどちらで実行しても、ユーザーには最新のデータが表示されます。同時実行スケーリングクラスターは、実際に実行した時間分のみ課金されます。料金の詳細については、Amazon Redshift 料金表を参照してください。

WLM キューを設定することで、どのクエリを同時実行スケーリングクラスターに送信するかを管理します。同時実行スケーリングを有効にすると、対象となるクエリはキュー内に待機することなく、同時実行スケーリングクラスターに送信されるようになります。

同時実行スケーリング機能

WLM キューで同時実行スケーリングを有効にすると、このスケーリングは、ダッシュボードクエリなどの読み取りオペレーションのために機能します。また、データの取り込みや処理のためのステートメントなど、一般的に使用される書き込みオペレーションにおいても機能します。

書き込み操作のための同時実行スケーリング機能

同時実行スケーリングは、抽出、変換、ロード (ETL) ステートメントなど、頻繁に使用される書き込みオペレーションをサポートしています。書き込み操作用の同時実行スケーリングは、多数のリクエストを受信しているクラスターに、一貫した応答時間を維持させたい場合に特に有用です。これにより、メインクラスター上のリソースについて競合を起こしている、書き込み操作のスループットが向上します。このために、WLM キューの設定を変更する必要はありません。

同時実行スケーリングでは、COPY、INSERT、DELETE、UPDATE の各ステートメントをサポートしています。場合によっては、CREATE などの DDL ステートメントの後に、同じコミットブロック内の書き込みステートメントが置かれることがあります。このような場合、書き込みステートメントは同時スケーリングクラスターに送信されません。

同時実行スケーリングのクレジットを計上すると、このクレジットは、読み取りと書き込み両方のオペレーションに適用されます。

同時実行スケーリングに関する制限

Amazon Redshift で同時実行スケーリングを使用する際の制限事項を以下に示します。

  • インターリーブソートキーを使用するテーブルに対するクエリはサポートされていません。

  • 一時テーブルに対するクエリはサポートされていません。

  • 制限のあるネットワークまたは仮想プライベートクラウド (VPC) 構成で保護されている、外部リソースにアクセスするクエリはサポートされません。

  • Python のユーザー定義関数 (UDF) を含むクエリはサポートされていません。

  • システムテーブル、PostgreSQL のカタログテーブル、またはバックアップ用ではないテーブルにアクセスするクエリはサポートされていません。

  • 制限されたリソースポリシーを持つ外部リソースにアクセスする、COPY または UNLOAD クエリはサポートされていません。この外部リソースには、Amazon S3 バケットまたは DynamoDB テーブルも含まれます。ポリシーでは、特定のソース VPC (aws:sourceVpc)、ソース VPC エンドポイント (aws:sourceVpce)、またはソース IP アドレス (aws:SourceIp)へのアクセスを制限することができます。一部のケースでは、外部リソース上のポリシーを削除する必要が生じることがあります。これを実行すると、このリソースにアクセスする COPY クエリまたは UNLOAD クエリが、同時実行スケーリングクラスターに送信されます。

  • 書き込みオペレーションの Amazon Redshift の同時実行スケーリングでは、CREATE TABLE や ALTER TABLE などの DDL (書き込み) オペレーションはサポートしていません。

  • COPY コマンドでの ANALYZE の使用はサポートされていません。

  • DISTSTYLE に ALL が設定されているターゲットテーブルに対する書き込みオペレーションは、サポートしていません。

  • Amazon Redshift Spectrum もしくは Amazon EMR からの COPY はサポートしていません。

  • ID 列を持つテーブルに対する書き込みオペレーションはサポートしていません。

  • Amazon Redshift は、Amazon Redshift RA3 ノード、具体的には ra3.16xlarge、ra3.4xlarge、ra3.xlplus のみで、書き込みオペレーションの同時実行スケーリングをサポートしています。他のノードタイプでは、書き込みオペレーションの同時実行スケーリングはサポートされていません。

同時実行スケーリングの詳細については、Amazon Redshift クラスター管理ガイドから以下のトピックを参照してください。