Step 5: Grant access to the query editor and run queries - Amazon Redshift

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Step 5: Grant access to the query editor and run queries

To query databases hosted by your Amazon Redshift cluster, you have two options:

  • Connect to your cluster and run queries on the AWS Management Console with the query editor.

    クエリエディタを使用する場合、SQL クライアントアプリケーションをダウンロードしてセットアップする必要はありません。

  • Connect to your cluster through an SQL client tool, such as SQL Workbench/J. For more information about using SQL Workbench/J, see Connect to your cluster by using SQL Workbench/J in the Amazon Redshift Cluster Management Guide.

Using the Amazon Redshift query editor is the easiest way to run queries on databases hosted by your Amazon Redshift cluster. After creating your cluster, you can immediately run queries using the Amazon Redshift console. For details about considerations when using the Amazon Redshift query editor, see Querying a database using the query editor in the Amazon Redshift Cluster Management Guide.

Grant access to the query editor

To access the Amazon Redshift query editor, you need permission. To enable access, attach the AmazonRedshiftQueryEditor and AmazonRedshiftReadOnlyAccess IAM policies to the IAM user that you use to access your cluster.

If you have already created an IAM user to access Amazon Redshift, you can attach the AmazonRedshiftQueryEditor and AmazonRedshiftReadOnlyAccess policies to that user. まだ IAM ユーザーを作成していない場合、作成し、ポリシーを IAM ユーザーにアタッチします。

クエリエディタに必要な IAM ポリシーをアタッチするには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、IAM コンソール (https://console.aws.amazon.com/iam/) を開きます。

  2. [ユーザー] を選択します。

  3. クエリエディタへのアクセスが必要なユーザーを選択します。

  4. [Add permissions] を選択します。

  5. [Attach existing policies directly] を選択します。

  6. [Policy names (ポリシー名)] には、 [AmazonRedshiftQueryEditor] および [AmazonRedshiftReadOnlyAccess] を選択します。

  7. Choose Next: Review.

  8. [Add permissions] を選択します。

Use the query editor

次の例では、クエリエディタを使用して次のタスクを実行します。

  • SQL コマンドを実行する。

  • View details about how queries run.

  • クエリを保存する。

  • クエリの結果セットをダウンロードする。

クエリエディタを使用するには

  1. Sign in to the AWS Management Console and open the Amazon Redshift console at https://console.aws.amazon.com/redshift/.

  2. ナビゲーションメニューで [EDITOR] を選択し、次にクラスターのデータベースに接続します。

    On the Connect to database page, there are two ways to authenticate, namely, Temporary credentials and Secrets Manager. For this tutorial, choose Create a new connection and Temporary credentials, then enter the values that you used when you created the cluster, as follows:

    • Cluster: Choose examplecluster.

    • Database name: dev と入力します。

    • Database user: awsuser と入力します。

    Then choose Connect.

  3. [Schema (スキーマ)] には、[public (パブリック)] を選択し、そのスキーマに基づいた新しいテーブルを作成します。

  4. Enter the following in the query editor window, and choose Run to create a new table.

    create table shoes( shoetype varchar (10), color varchar(10));
  5. [クリア] を選択します。

  6. 次のコマンドをクエリエディタウィンドウに入力し、[Run (実行)] を選択してテーブルに行を追加します。

    insert into shoes values ('loafers', 'brown'), ('sandals', 'black');
  7. [クリア] を選択します。

  8. 次のコマンドをクエリエディタウィンドウに入力し、[Run (実行)] を選択して新しいテーブルをクエリします。

    select * from shoes;

    [Query results (クエリの結果)] に結果が表示されます。

    Shoe type カラー

    sandals

    black

    loafers

    brown

  9. [Execution (実行)] を選択して実行詳細を確認します。

  10. [Export (エクスポート)] を選択してクエリ結果をファイルとしてダウンロードします。The supported file formats are CSV, TXT, and HTML.