拡張された VPC ルーティングの有効化 - Amazon Redshift

拡張された VPC ルーティングの有効化

クラスターを作成時に拡張された VPC ルーティングを有効化することも、既存のクラスターを変更して拡張された VPC ルーティングを有効化することもできます。

拡張された VPC ルーティングを操作するためには、クラスターが次の要件と制約を満たしている必要があります。

  • クラスターは VPC 内にある必要があります。

    Amazon S3 VPC エンドポイントをアタッチする場合、クラスターは同じ AWS リージョンにある Amazon S3 バケットへのアクセスのためだけに VPC エンドポイントを使用します。他の AWS リージョンでバケットにアクセスしたり (VPC エンドポイントを使用せずに)、他の AWS サービスにアクセスするには、クラスターのパブリックアクセスを有効にするか、ネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイを使用します。詳細については、「VPC でクラスターを作成する」を参照してください。

  • VPC でドメインネームサービス (DNS) 解決を有効にする必要があります。または、自分で所有する DNS サーバーを使用している場合は、Amazon S3 に送られる DNS リクエストが AWS により維持される IP アドレスに正しく変換されていることを確認する必要があります。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドVPC での DNS の使用を参照してください。

  • DNS ホスト名を VPC で有効にする必要があります。DNS ホスト名はデフォルトで有効化されています。

  • VPC エンドポイントポリシーは、すべてのマニフェストファイル関連へのアクセスを含む Amazon Redshift で呼び出される COPY、UNLOAD、CREATE LIBRARY で使用されるすべての Amazon S3 バケットへのアクセスを許可している必要があります。リモートホストからの COPY では、エンドポイントポリシーが各ホストマシンへのアクセスを許可している必要があります。詳細については、Amazon Redshift データベースデベロッパーガイドの「COPY、UNLOAD、CREATE LIBRARY のための IAM 許可」を参照してください。

拡張された VPC のルーティングでクラスターを作成するには

  1. AWS Management Console にサインインして、(https://console.aws.amazon.com/redshift/)でAmazon Redshift コンソール を開きます。

  2. ナビゲーションメニューで [Clusters] (クラスター)、[Create cluster] (クラスターを作成) の順に選択し、[Cluster details] (クラスターの詳細) プロパティを入力します。

  3. [Additional configurations (追加設定)] セクションを表示するには、[Use defaults (デフォルトの使用)] をオフにします。

  4. [拡張された VPC のルーティング] を有効化するには、[有効] を選択してクラスタートラフィックが VPC を通過するよう強制します。

  5. [クラスターを作成] を選択して、クラスターを作成します。クラスターの使用準備ができるまで、数分かかることがあります。

次の Amazon Redshift 用の AWS Command Line Interface (AWS CLI) オペレーションを使用して、拡張された VPC のルーティングを有効化できます。

次の Amazon Redshift API アクションを使用して、拡張された VPC のルーティングを有効化できます。