Amazon Redshift
クラスター管理ガイド (API バージョン 2012-12-01)

アラームを作成する

Amazon Redshift コンソールで作成するアラームは、Amazon CloudWatch アラームです。これらのアラームは、クラスターとそのデータベースに関する予防的な決定を行うために役立ちます。「Amazon Redshift のパフォーマンスデータ」にリストされているいずれのメトリクスにも、1 つ以上のアラームを設定できます。たとえば、クラスターノードの高い CPUUtilization に対してアラームを設定すると、ノードの使用率が高すぎるときに、そのことが示されます。同様に、クラスターノードの低い CPUUtilization に対してアラームを設定すると、ノードの使用率が低すぎるときに、そのことが示されます。

このセクションでは、Amazon Redshift コンソールを使用してアラームを作成する方法について説明します。Amazon CloudWatch コンソールを使用するか、AWS CLI や AWS SDK などメトリクスを操作するためのその他の方法を使用して、アラームを作成できます。アラームを削除するには、Amazon CloudWatch コンソールを使用する必要があります。

Amazon Redshift コンソールでクラスターメトリクスにアラームを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Clusters] を選択します。

  3. [クラスター] で、クエリの実行中にクラスターのパフォーマンスを表示するクラスターを選択します。

  4. [イベント+アラーム] タブを選択します。

  5. [Create Alarm] を選択します。

  6. [アラームの作成] ダイアログボックスで、アラームを設定し、[作成] を選択します。

    注記

    [Send a notification to (通知の送信先)] ボックスに表示される通知は、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) のトピックです。Amazon SNS およびトピックの作成の詳細については、『Amazon Simple Notification Service 入門ガイド』の「トピックの作成」を参照してください。Amazon SNS にトピックがない場合は、[create topic (トピックの作成)] リンクをクリックして [Create Alarm (アラームの作成)] ダイアログボックスでトピックを作成できます。

    アラームの詳細は、状況に応じて変わります。次の例では、ノード (Compute-0 0) の平均 CPU 使用率にアラームが設定されています。CPU が 4 回連続して 5 分間に 80 パーセントを超えた場合、このアラームはトピック [redshift-example-cluster-alarms] に通知を送信します。

  7. アラームのリストで、新しいアラームを見つけます。

    次の例に示すように、アラームの状態を判断するために十分なデータが収集されるまでに、少し待たなければならない場合があります。

    しばらくすると、状態が [OK] に変わります。

  8. (オプション) アラームの [名前] を選択してアラームの設定を変更するか、[詳細] の表示リンクを選択して、Amazon CloudWatch コンソールでこのアラームに移動します。