Amazon Redshift
クラスター管理ガイド

Amazon Redshift の耐障害性

AWS のグローバルインフラストラクチャは AWS リージョンとアベイラビリティーゾーン (AZ) を中心として構築されます。AWS リージョンでは、複数の物理的に独立して隔離されたアベイラビリティーゾーンが、低レイテンシー、高スループット、高冗長性のネットワークにより接続されています。アベイラビリティーゾーンでは、アベイラビリティーゾーン間で中断することなく自動的にフェイルオーバーするアプリケーションとデータベースを設計および運用することができます。また、アベイラビリティーゾーンは、従来の単一データセンターのインフラストラクチャや複数データセンターのインフラストラクチャよりも可用性、耐障害性、および拡張性に優れています。

ほとんどの AWS リージョンには、複数のアベイラビリティーゾーンとデータセンターがあります。耐障害性と低レイテンシーのために、同じリージョン内の複数のアベイラビリティーゾーンにアプリケーションをデプロイできます。

AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンの詳細については、「AWS グローバルインフラストラクチャ」を参照してください。