Amazon Redshift
クラスター管理ガイド (API バージョン 2012-12-01)

Amazon Redshift 管理インターフェイスの使用

Amazon Redshift は、AWS SDK、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、および Amazon Redshift 管理 API という、Amazon Redshift クラスターの作成、管理、削除に使用できる複数の管理インターフェイスをサポートしています。

Amazon Redshift API – リクエストを送信することでこの Amazon Redshift 管理 API を呼び出すことができます。リクエストは、Action という名前のパラメータで HTTP 動詞 GET または POST を使用する HTTP または HTTPS リクエストです。Amazon Redshift API の呼び出しは、Amazon Redshift サービスにアクセスする最も直接的な方法です。しかし、エラー処理やリクエストに署名するハッシュの生成など、低レベルの詳細な作業をアプリケーションで処理する必要があります。

AWS SDK – AWS SDK は Amazon Redshift クラスター関連の操作に使用できます。一部の SDK ライブラリは基礎となる Amazon Redshift API をラップします。このようなライブラリは、特定のプログラミング言語に API 機能を統合し、多くの低レベルの詳細な作業 (署名の計算、リクエスト再試行の処理、エラー処理など) を処理します。SDK ライブラリのラッパー関数を呼び出すことで、Amazon Redshift クラスターを管理するアプリケーションの作成プロセスが大幅に簡易化されます。

  • Amazon Redshift は、AWS SDKs for Java、.NET、PHP、Python、Ruby、および Node.js でサポートされています。Amazon Redshift のラッパー関数の詳細については、各 SDK のリファレンスマニュアルを参照してください。AWS SDK のリストとマニュアルのリンクについては、Amazon Web Services 用のツールに関する記事を参照してください。

  • このガイドでは、Java SDK を使用して Amazon Redshift を操作する例について説明します。これ以外の AWS SDK コードサンプルについては、「サンプルコードとライブラリ」を参照してください。

AWS CLI – CLI では、Windows、Mac、および Linux コンピュータから AWS サービスを管理する際に使用できるコマンドラインツールセットが用意されています。AWS CLI には、Amazon Redshift API アクションに基づくコマンドが含まれています。

  • Amazon Redshift CLI のインストールとセットアップの詳細については、「Amazon Redshift CLI のセットアップ」を参照してください。

  • Amazon Redshift CLI コマンドのリファレンスドキュメントについては、AWS CLI リファレンスの「Amazon Redshift」を参照してください。