ステップ 6: (オプション) 以前のデータセットを新しいプロジェクトに関連付ける - Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 6: (オプション) 以前のデータセットを新しいプロジェクトに関連付ける

Amazon Rekognition Custom Labels がプロジェクトでデータセットを管理するようになりました。以前に作成した (以前の) データセットは読み取り専用で、使用する前にプロジェクトに関連付ける必要があります。コンソールでプロジェクトの詳細ページを開くと、プロジェクトのモデルの最新バージョンをトレーニングしたデータセットがプロジェクトと自動的に関連付けられます。 AWS SDK を使用している場合、データセットとプロジェクトの自動関連付けは行われません。

関連付けられていない以前のデータセットは、モデルのトレーニングに使用されたことはありませんが、以前のバージョンのモデルのトレーニングに使用されました。以前のデータセットページには、関連するデータセットと関連付けられていないデータセットがすべて表示されます。

関連付けられていない以前のデータセットを使用するには、以前のデータセットページで新しいプロジェクトを作成します。このデータセットは、新しいプロジェクトのトレーニングデータセットになります。以前のデータセットには複数の関連付けがある場合があるため、既に関連付けられているデータセットのプロジェクトを作成することもできます。

以前のデータセットを新しいプロジェクトに関連付けるには
  1. Amazon Rekognition コンソールを https://console.aws.amazon.com/rekognition/ で開きます。

  2. 左側のペインで、[カスタムラベルを使用] を選択します。Amazon Rekognition Custom Labels のランディングページが表示されます。

  3. 左のナビゲーションペインで、[データセット] を選択します。

  4. データセットビューで、プロジェクトに関連付ける以前のデータセットを選択します。

  5. [データセットを使用してプロジェクトを作成] を選択します。

  6. [プロジェクトを作成する] ウィンドウの [プロジェクト名] に、新しいプロジェクトの名前を入力します。

  7. [プロジェクトを作成する] を選択してプロジェクトを作成します。プロジェクトの作成までに時間がかかる場合があります。

  8. プロジェクトを使用してください。詳細については、「Amazon Rekognition Custom Labels について」を参照してください。

以前のデータセットをテストデータセットとして使用する

以前のデータセットを既存のプロジェクトのテストデータセットとして使用するには、まず以前のデータセットを新しいプロジェクトに関連付けます。次に、新しいプロジェクトのトレーニングデータセットを既存のプロジェクトのテストデータセットにコピーします。

以前のデータセットをテストデータセットとして使用するには
  1. ステップ 6: (オプション) 以前のデータセットを新しいプロジェクトに関連付ける で説明されている手順に従って、以前のデータセットを新しいプロジェクトに関連付けます。

  2. 新しいプロジェクトからトレーニングデータセットをコピーして、既存のプロジェクトにテストデータセットを作成します。詳細については、「既存のデータセット」を参照してください。

  3. Amazon Rekognition Custom Labels プロジェクトの削除 (コンソール) に記載されている手順に従って、新しいプロジェクトを削除します。

以前のデータセットのマニフェストファイルを使用してテストデータセットを作成することもできます。詳細については、「マニフェストファイルの作成」を参照してください。