ステップ 1: AWS アカウントを設定してユーザーを作成する - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1: AWS アカウントを設定してユーザーを作成する

Amazon Rekognition を初めて使用する場合は、事前に以下のタスクをすべて完了する必要があります。

  1. AWS アカウントにサインアップします。

  2. ユーザーを作成します。

デベロッパーガイドのこのセクションでは、AWS アカウントとユーザーを作成する理由と作成方法について説明します。

AWS アカウントとユーザーの作成

AWS アカウント

アマゾン ウェブ サービス (AWS) にサインアップすると、Amazon Rekognition を含む AWS のすべてのサービスに対して AWS アカウントが自動的にサインアップされます。サービスを実際に使用した分の料金のみが請求されます。

Amazon Rekognition は、使用するリソース分のみお支払いいただくだけで利用可能です。

AWS を初めてご利用の場合、Amazon Rekognition は無料で使い始めることができます。詳細については、「AWS 無料利用枠」を参照してください。

アカウントの作成手順については、この後の「AWS アカウントへのサインアップ」セクションを参照してください。

既に AWS アカウントをお持ちの方は、アカウントの設定はスキップし、管理者ユーザーの作成に進みます。

[ユーザー]

Amazon Rekognition などの AWS のサービスは、サービスにアクセスする際に認証情報を提供する必要があります。これにより、サービスのリソースにアクセスする権限の有無が判定されます。

コンソールを使用するにはパスワードが必要ですが、AWS CLI または API には AWS アカウントのアクセスキーを作成することでアクセスできます。ただし、AWS アカウントのルートユーザーの認証情報を使用して AWS にアクセスすることはお勧めしません。代わりに、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して管理者ユーザーを作成することが推奨されます。

それにより、専用の URL と、その管理者ユーザーの認証情報を使用することで AWS にアクセスできます。

AWS にサインアップした時点で自分用の IAM ユーザーをまだ作成していない場合は、IAM コンソールを使用して作成できます。管理者ユーザーの作成方法については、この後の「管理ユーザーの作成」セクションを参照してください。

AWS アカウントへのサインアップ

AWS アカウントがない場合は、以下のステップを実行して作成します。

AWS アカウント にサインアップするには
  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを使用して検証コードを入力するように求められます。

    AWS アカウントにサインアップすると、AWS アカウントのルートユーザーが作成されます。ルートユーザーには、アカウントのすべての AWS のサービスとリソースへのアクセス権があります。セキュリティのベストプラクティスとして、管理ユーザーに管理アクセスを割り当てルートユーザーアクセスが必要なタスクを実行する場合にのみ、ルートユーザーを使用してください。

サインアップ処理が完了すると、AWS からユーザーに確認メールが送信されます。https://aws.amazon.com/[アカウント] をクリックして、いつでもアカウントの現在のアクティビティを表示し、アカウントを管理することができます。

管理ユーザーの作成

AWS アカウント にサインアップしたら、AWS アカウントのルートユーザー をセキュリティで保護し、AWS IAM Identity Center を有効にして、管理ユーザーを作成します。これにより、日常的なタスクにルートユーザーを使用しないようにします。

AWS アカウントのルートユーザーをセキュリティで保護する
  1. [ルートユーザー] を選択し、AWS アカウント のメールアドレスを入力して、アカウント所有者として AWS Management Console にサインインします。次のページでパスワードを入力します。

    ルートユーザーを使用してサインインする方法については、「AWS サインイン User Guide」の「Signing in as the root user」を参照してください。

  2. ルートユーザーの多要素認証 (MFA) を有効にします。

    手順については、「IAM ユーザーガイド」の「AWS アカウント のルートユーザーの仮想 MFA デバイスを有効にする (コンソール)」を参照してください。

管理ユーザーを作成する
  1. IAM アイデンティティセンターを有効にします。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「AWS IAM Identity Center の有効化」を参照してください。

  2. IAM アイデンティティセンターで、管理ユーザーに管理者アクセスを付与します。

    IAM アイデンティティセンターディレクトリ をアイデンティティソースとして使用するチュートリアルについては、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「デフォルトの IAM アイデンティティセンターディレクトリ でユーザーアクセスを設定する」を参照してください。

管理ユーザーとしてサインインする
  • IAM アイデンティティセンターのユーザーとしてサインインするには、IAM アイデンティティセンターのユーザーの作成時に E メールアドレスに送信されたサインイン URL を使用します。

    IAM アイデンティティセンターのユーザーを使用してサインインする方法については、「AWS サインイン User Guide」の「Signing in to the AWS access portal」を参照してください。