Amazon Rekognition
開発者ガイド

ステップ 1: AWS アカウントを設定して IAM ユーザーを作成する

Amazon Rekognition を初めて使用する場合は、事前に以下のタスクをすべて実行してください。

AWS にサインアップ

Amazon Web Services (AWS) にサインアップすると、Amazon Rekognition など AWS のすべてのサービスに対して AWS アカウントが自動的にサインアップされます。サービスを実際に使用した分の料金のみが請求されます。

Amazon Rekognition は、使用したリソース分のみお支払いいただくだけで利用可能です。 AWS の新規のお客様の場合、Amazon Rekognition を無料で使い始めることができます。詳細については、「AWS 無料利用枠」を参照してください。

すでに AWS アカウントをお持ちの場合は次のタスクに進んでください。AWS アカウントをお持ちでない場合は、次に説明する手順を実行してアカウントを作成してください。

AWS アカウントを作成するには

  1. https://aws.amazon.com/ を開き、[AWS アカウントの作成] を選択します。

    注記

    AWS アカウントのルートユーザー 認証情報を使用して、すでに AWS マネジメントコンソール にサインインしている場合は、[Sign in to a different account (別のアカウントにサインインする)] を選択します。IAM 認証情報を使用して、すでにコンソールにサインインしている場合は、[Sign-in using root account credentials (ルートアカウントの資格情報を使ってサインイン)] を選択します。[新しい AWS アカウントの作成] を選択します。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて確認コードを入力することが求められます。

AWS アカウント ID は次のタスクでも必要となるので、メモしておいてください。

IAM ユーザーを作成する

Amazon Rekognition などの AWS のサービスでは、サービスにアクセスするときに認証情報を入力する必要があります。これにより、サービスのリソースにアクセスする権限の有無が判定されます。コンソールを使用するにはパスワードが必要です。AWS アカウントによる AWS CLI または API へのアクセス用にアクセスキーを作成できます。ただし、AWS アカウントの認証情報を使用して AWS にアクセスすることはお勧めしません。代わりに、以下をお勧めします。

  • AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して IAM ユーザーを作成します。

  • 管理権限を持つ IAM グループにそのユーザーを追加します。

その後、特別な URL とその IAM ユーザーの認証情報を使用して AWS にアクセスできます。

AWS にサインアップしても、IAM ユーザーをまだ作成していない場合は、IAM コンソールを使用して作成できます。アカウントに IAM ユーザーを作成するには、次の手順に従います。

IAM ユーザーを作成してコンソールにサインインするには

  1. AWS アカウントに管理者権限を持つ IAM ユーザーを作成します。手順については、IAM ユーザーガイド の「最初の IAM ユーザーと管理者グループの作成」を参照してください。

  2. IAM ユーザーとして、特別な URL を使用して AWS マネジメントコンソール にサインインします。詳細については、IAM ユーザーガイド の「ユーザーがアカウントにサインインする方法」を参照してください。

注記

管理者権限を持つ IAM ユーザーは、アカウントの AWS のサービスに無制限にアクセスできます。Amazon Rekognition オペレーションへのアクセス制限の詳細については、「Amazon Rekognition でアイデンティティベースのポリシー (IAM ポリシー) を使用する」を参照してください。このガイドのコード例では、ユーザーに AmazonRekognitionFullAccess アクセス権限があるものとします。以下の例で Amazon S3 バケットに保存されているイメージやビデオにアクセスする場合は、AmazonS3ReadOnlyAccess が必要です。Amazon Rekognition Video の保存したビデオのコード例では、AmazonSQSFullAccess アクセス権限も必要です。セキュリティ要件によっては、以上のアクセス権限に制限した IAM グループを使用することもできます。詳細については、「IAM グループの作成」を参照してください。

IAM の詳細については、以下を参照してください。

次のステップ

ステップ 2: AWS CLI と AWS SDK をセットアップする