Amazon Rekognition
開発者ガイド

ストリーミングビデオの操作

Amazon Rekognition Video を使用してストリーミングビデオ内の顔を検出および認識できます。代表的なユースケースには、ビデオストリーム内の既知の顔を検出する場合があります。Amazon Rekognition Video では、Amazon Kinesis Video Streams を使用してビデオストリームを受信および処理します。分析結果は Amazon Rekognition Video から Kinesis data stream に出力され、クライアントアプリケーションによって読み取られます。Amazon Rekognition Video には、ストリーミングビデオの分析を開始および管理するためのストリームプロセッサ (CreateStreamProcessor) が用意されています。

注記

Amazon Rekognition Video ストリーミング API は、米国東部 (オハイオ) リージョンまたはアジアパシフィック (シドニー) リージョンでは利用できません。

以下の図は、Amazon Rekognition Video がストリーミングビデオ内の顔を検出して認識する原理を示しています。

ストリーミングビデオに Amazon Rekognition Video を使用するには、アプリケーションに以下のものを実装する必要があります。

  • Amazon Rekognition Video にストリーミングビデオを送信するための Kinesis video stream。詳細については、「Kinesis video stream」を参照してください。

  • ストリーミングビデオの分析を管理するための Amazon Rekognition Video ストリームプロセッサ。詳細については、「ストリーミングビデオ分析の開始」を参照してください。

  • Amazon Rekognition Video が Kinesis data stream に送信する分析結果を読み取るための Kinesis data stream コンシューマー。詳細については、「Amazon Kinesis Streams のコンシューマー」を参照してください。

このセクションでは、Kinesis video stream および Kinesis data stream の作成、Amazon Rekognition Video へのビデオのストリーミング、分析結果を消費するアプリケーションを記述する方法について説明します。詳細については、「ストリーミングビデオ内の顔の認識」を参照してください。