イメージを使用した AWS RoboMaker アプリケーションの開発 - AWS RoboMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

イメージを使用した AWS RoboMaker アプリケーションの開発

重要

2022 年 3 月 15 日より AWS RoboMaker シミュレーションに変更が加えられ、これにより既存のシミュレーションジョブに影響が及んだ可能性があります。これらの変更点と、ロボットアプリケーション、シミュレーションアプリケーション、シミュレーションジョブに適用できる移行手順の詳細については、「ROS アプリケーションのコンテナへの移行」を参照してください。

1 つまたは複数のコンテナイメージを使用した、シミュレーションおよびロボットアプリケーションの開発と実行が可能です。イメージの詳細については、「Amazon ECS の Docker の基本」を参照してください。使用するイメージは AWS RoboMaker 互換コンテナ要件 に記載されている要件を満たしている必要があります。

サポートする開発環境のいずれかを使用している場合は、AWS RoboMaker で独自のイメージを使用できます。

コンテナイメージを使用したアプリケーション開発には複数の方法があります。アプリケーションの開発方法の例については、「イメージを作成して Hello World サンプルアプリケーションを実行する」を参照してください。

イメージを使用してアプリケーションを開発した後、それらをテストすることができます。アプリケーションの動作をテストする場合、ローカルの Linux マシンでアプリケーションを視覚化できます。

シミュレーションの動作をテストした後、イメージを Amazon ECR にプッシュし、シミュレーションジョブを実行して仮想環境における」ロボットのインタラクションを確認できます。