ヒューマンループの監視と管理 - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ヒューマンループの監視と管理

人間によるレビューループを開始したら、Amazon Augmented AI ランタイム API を使用してタスクの結果を確認してループに送信し、管理できます。さらに、Amazon A2I は Amazon EventBridge (別名:Amazon CloudWatch Events) と統合し、人間によるレビューループのステータスが CompletedFailed、または Stopped に変わったときに警告します。このイベント配信は少なくとも 1 回保証されます。つまり、ヒューマンループが終了したときに作成されたすべてのイベントが EventBridge に正常に配信されます。

次の手順を使用して、Amazon A2I ランタイム API を使用してヒューマンループをモニタリングおよび管理する方法を学習します。Amazon A2I がどのように Amazon EventBridge と統合されているのかについては、「Amazon Augmented AI で Amazon CloudWatch Events を使用する」を参照してください。

出力データを確認するには:

  1. DescribeHumanLoop オペレーションを呼び出して、ヒューマンループの結果を確認します。この API オペレーションの結果には、ループアクティベーションの理由と結果に関する情報が含まれます。

  2. Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) で、ヒューマンループからの出力データを確認します。データへのパスで、YYYY/MM/DD/hh/mm/ss は年 (YYYY)、月 (MM)、日 (DD)、作成時刻 (hh)、分 (mm)、秒 (ss) を使用してヒューマンループの作成日時を表します。

    s3://customer-output-bucket-specified-in-flow-definition/flow-definition-name/YYYY/MM/DD/hh/mm/ss/human-loop-name/output.json

この構造を AWS Glue または Amazon Athena と統合して、出力データを分割して分析できます。詳細については、「AWS Glue における ETL 出力のパーティションの管理」を参照してください。

Amazon A2I 出力データ形式の詳細については、「Amazon A2I 出力データ」を参照してください。

ヒューマンループを停止して削除するには:

  1. ヒューマンループが始まったら、HumanLoopName を使用して StopHumanLoop オペレーションを呼び出し、ヒューマンループを停止できます。ヒューマンループが正常に停止した場合、サーバーは HTTP 200 レスポンスを返送します。

  2. ステータスが FailedCompleted、または Stopped に等しいヒューマンループを削除するには、DeleteHumanLoop オペレーションを使用します。

ヒューマンループをリストするには:

  1. ListHumanLoops オペレーションを呼び出すことによって、アクティブなヒューマンループをすべて一覧表示できます。CreationTimeAfter および CreateTimeBefore パラメータを使用して、ループの作成日によってヒューマンループをフィルタリングできます。

  2. 成功した場合、ListHumanLoops はレスポンス要素に HumanLoopSummariesNextToken オブジェクトを返します。HumanLoopSummaries には、単一のヒューマンループに関する情報が含まれています。例えば、ループのステータスを一覧表示し、該当する場合、失敗理由が表示されます。

    NextToken で返された文字列を ListHumanLoops への後続の呼び出しで入力として使用し、ヒューマンループの次のページを確認します。