自動モデルチューニングリソースの制限 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

自動モデルチューニングリソースの制限

SageMaker は、自動モデル調整で使用されるリソースに次のデフォルト制限を設定します。

リソース リージョン デフォルトの制限 引き上げ可能

ハイパーパラメータ調整ジョブの並列 (同時) 実行数

すべて

100

該当なし

検索できるハイパーパラメータの数 *

すべて

30

該当なし

ハイパーパラメータチューニングジョブごとに定義されたメトリクスの数

すべて

20

該当なし

ハイパーパラメータチューニングジョブごとの平行トレーニングジョブの数

すべて

10

100

(ベイズ最適化) ハイパーパラメータ調整ジョブごとのトレーニングジョブの数

すべて

750

該当なし

(ランダム検索) 各ハイパーパラメータ調整ジョブのトレーニングジョブ数

すべて

750

10000

(Hyperband) ハイパーパラメータチューニングジョブごとのトレーニングジョブの数

すべて

750

該当なし

(Grid) ハイパーパラメータ調整ジョブあたりのトレーニングジョブの数 (明示的に指定、または探索空間から推測)

すべて

750

該当なし

ハイパーパラメータチューニングジョブの最大実行時間

すべて

30 日間

該当なし

* 各カテゴリ別ハイパーパラメータには最大 30 個の異なる値を設定できます。

リソース制限の例

ハイパーパラメータチューニングジョブを計画するときは、トレーニングリソースの制限も考慮する必要があります。 SageMaker トレーニングジョブのデフォルトのリソース制限については、SageMaker「制限」を参照してください。すべてのハイパーパラメータチューニングジョブが実行されるすべての同時トレーニングインスタンスは、許可されているトレーニングインスタンスの合計数に対してカウントされます。例えば、10 件の同時ハイパーパラメータチューニングジョブを実行すると、各ハイパーパラメータチューニングジョブで合計 100 件のトレーニングジョブと 20 件の同時トレーニングジョブが実行されるとします。これらのトレーニングジョブはそれぞれ、1 つの ml.m4.xlarge インスタンスで実行されます。以下の制限が適用されます。

  • 同時ハイパーパラメータチューニングジョブの数: チューニングジョブは 10 件で、制限の 100 件を下回っているため、制限を引き上げる必要はありません。

  • ハイパーパラメータチューニングジョブごとのトレーニングジョブの数: トレーニングジョブは 100 件で、制限の 750 件を下回っているため、制限を引き上げる必要はありません。

  • ハイパーパラメータチューニングジョブごとの同時実行トレーニングジョブ数: デフォルト制限は 10 のため、制限を 20 に引き上げるようリクエストする必要があります。

  • SageMaker training ml.m4.xlarge インスタンス: ハイパーパラメータ調整ジョブが 10 個あり、それぞれが 20 個の同時トレーニングジョブを実行しているため、制限の引き上げを 200 にリクエストする必要があります。デフォルトの制限は 20 インスタンスです。

  • SageMaker トレーニングの合計インスタンス数: ハイパーパラメータチューニングジョブは 10 個あり、それぞれが 20 個の同時トレーニングジョブを実行しているため、制限を 200 個に引き上げるようリクエストする必要があります。デフォルトの制限は 20 インスタンスです。

クォータの引き上げをリクエストするには:
  1. AWS Support センターのページを開き、必要に応じてサインインし、[Create case] (ケースの作成)を選択します。

  2. [Create case (ケースの作成)] ページで [Service limit increase (サービスの制限緩和)] を選択します。

  3. ケースの詳細パネルで、制限タイプのSageMaker 自動モデル調整 [ハイパーパラメータの最適化〕 を選択します。

  4. [Request 1] (リクエスト 1) の [Requests] (リクエスト) パネルで、[Region] (リージョン)、引き上げるリソースの [Limit] (制限)、リクエストする [New Limit value] (新しい制限値) を選択します。クォータの引き上げの追加リクエストがある場合は、[Add another request] (リクエストを追加) を選択します。

    
            リソース制限を増加するリクエストの UI。
  5. [Case description] (ケースの説明) パネルで、ユースケースの説明を入力します。

  6. [Contact options] (連絡先オプション) パネルで希望する [Contact methods] (連絡方法)、[Web] (ウェブ)、[Chat] (チャット) または[Phone] (電話) を選択し、[Submit] (送信) を選択します。