自動モデルチューニングリソースの制限 - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

自動モデルチューニングリソースの制限

SageMaker 自動モデルチューニングで使うリソースに次の制限がデフォルトで設定されます。

リソース リージョン デフォルトの制限 引き上げ可能

ハイパーパラメータチューニングジョブのparallel (同時) 実行数

すべて

100

該当なし

検索できるハイパーパラメータの数*

すべて

30

該当なし

ハイパーパラメータチューニングジョブごとに定義されたメトリクスの数

すべて

20

該当なし

ハイパーパラメータチューニングジョブごとの平行トレーニングジョブの数

すべて

10

100

(ベイズ最適化) 各ハイパーパラメータチューニングジョブのトレーニングジョブ数

すべて

750

該当なし

(ランダムサーチ) 各ハイパーパラメータチューニングジョブのトレーニングジョブ数

すべて

750

10000

(ハイパーバンド) 各ハイパーパラメータチューニングジョブのトレーニングジョブ数

すべて

750

該当なし

(Grid) ハイパーパラメータチューニングジョブのトレーニングジョブごとのトレーニングジョブの数。明示的に指定されているか、サーチスペースから推測されたもの

すべて

750

該当なし

ハイパーパラメータチューニングジョブの最大実行時間

すべて

30 日間

該当なし

* 各カテゴリカルハイパーパラメータには、最大 30 個の異なる値を設定できます。

リソース制限の例

ハイパーパラメータチューニングジョブを計画するときは、トレーニングリソースの制限も考慮する必要があります。 SageMaker トレーニングジョブのデフォルトのリソース制限については、「SageMaker制限」を参照してください。すべてのハイパーパラメータチューニングジョブが実行されるすべての同時トレーニングインスタンスは、許可されているトレーニングインスタンスの合計数に対してカウントされます。例えば、10 件の同時ハイパーパラメータチューニングジョブを実行すると、各ハイパーパラメータチューニングジョブで合計 100 件のトレーニングジョブと 20 件の同時トレーニングジョブが実行されるとします。これらのトレーニングジョブはそれぞれ、1 つの ml.m4.xlarge インスタンスで実行されます。以下の制限が適用されます。

  • 同時ハイパーパラメータチューニングジョブの数: チューニングジョブは 10 件で、制限の 100 件を下回っているため、制限を引き上げる必要はありません。

  • ハイパーパラメータチューニングジョブのトレーニングジョブごとのトレーニングジョブ数:トレーニングジョブは 100 件で、制限の 750 件を下回っているため、制限を引き上げる必要はありません。

  • ハイパーパラメータチューニングジョブごとの同時実行トレーニングジョブ数: デフォルト制限は 10 のため、制限を 20 に引き上げるようリクエストする必要があります。

  • SageMaker ml.m4.xlarge インスタンスのトレーニング:10 件のハイパーパラメータチューニングジョブがあり、それぞれ 20 件の同時実行トレーニングジョブが実行されているため、上限を 200 に引き上げるようリクエストする必要があります。デフォルトの制限は 20 インスタンスです。

  • SageMaker トレーニングの合計インスタンス数:10 件のハイパーパラメータチューニングジョブがあり、それぞれ 20 件の同時実行トレーニングジョブが実行されているため、上限を 200 に引き上げるようリクエストする必要があります。デフォルトの制限は 20 インスタンスです。

クォータの引き上げをリクエストするには:
  1. AWS Support センターのページを開き、必要に応じてサインインし、[Create case] (ケースの作成)を選択します。

  2. [Create case (ケースの作成)] ページで [Service limit increase (サービスの制限緩和)] を選択します。

  3. ケース詳細パネルで制限タイプとしてSageMaker 自動モデルチューニング」(「ハイパーパラメーター最適化」) を選択します。

  4. [Request 1] (リクエスト 1) の [Requests] (リクエスト) パネルで、[Region] (リージョン)、引き上げるリソースの [Limit] (制限)、リクエストする [New Limit value] (新しい制限値) を選択します。クォータの引き上げの追加リクエストがある場合は、[Add another request] (リクエストを追加) を選択します。

    
            リソース制限を増加するリクエストの UI。
  5. [Case description] (ケースの説明) パネルで、ユースケースの説明を入力します。

  6. [Contact options] (連絡先オプション) パネルで希望する [Contact methods] (連絡方法)、[Web] (ウェブ)、[Chat] (チャット) または[Phone] (電話) を選択し、[Submit] (送信) を選択します。