SageMaker で動作するように独自の Docker コンテナを適応させる - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SageMaker で動作するように独自の Docker コンテナを適応させる

既存の Docker イメージを SageMaker と連携させることができます。あらかじめ作成された SageMaker イメージによって現在サポートされていない機能または安全性の要件を満たすコンテナがある場合、SageMaker で既存の外部 Docker イメージを使用する必要がある場合があります。独自のコンテナを持参し、SageMaker で動作するように適応させることができるツールキットは 2 つあります。

以下のトピックでは、SageMaker トレーニングおよび推論ツールキットを使用して既存のイメージを適応させる方法について説明します。

個々のフレームワークライブラリ

SageMakerはSageMaker Training Toolkit、SageMaker er推論ツールキットに加え、TensorFlow、MXNet、PyTorch、Chainerに特化したツールキットも提供している。次の表は、各フレームワーク用のソースコードと、それぞれの配信ツールキットを含む GitHub リポジトリへのリンクを示しています。リンクされている手順は、Python SDK を使用して SageMaker でトレーニングアルゴリズムとホストモデルを実行するためのものです。これらの個々のライブラリの機能は、SageMaker トレーニングツールキットおよび SageMaker 推論ツールキットに含まれています。