Amazon SageMaker API コールを記録するAWS CloudTrail - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SageMaker API コールを記録するAWS CloudTrail

Amazon SageMaker はAWS CloudTrailユーザー、ロール、またはAWSサービスをサポートします。CloudTrail は SageMaker のすべての API コールをキャプチャします。ただし、InvokeEndpointイベントとして。キャプチャされた呼び出しには、SageMaker コンソールからの呼び出しと、SageMaker API オペレーションへのコード呼び出しが含まれます。証跡を作成する場合は、SageMaker のイベントなど、Amazon S3 バケットへの CloudTrail イベントの継続的な配信を有効にすることができます。証跡を設定しない場合でも、CloudTrail コンソールの [Event history (イベント履歴)] で最新のイベントを表示できます。CloudTrail で収集された情報を使用して、SageMaker に対するリクエスト、リクエスト元の IP アドレス、リクエスト者、リクエスト日時などの詳細を確認できます。

CloudTrail の詳細については、AWS CloudTrail ユーザーガイドを参照してください。

デフォルトでは、ログデータは CloudWatch Logs に無期限に保存されます。ただし、ロググループにログデータを保存する期間を設定できます。詳細については、 を参照してください。CloudWatch Logs でのログデータ保管期間の変更()Amazon CloudWatch Logs ユーザーガイド

CloudTrail での SageMaker 情報

CloudTrail は、アカウントを作成すると AWS アカウントで有効になります。Amazon SageMaker でアクティビティが発生すると、そのアクティビティは他のAWSサービスイベントイベント履歴。最近のイベントは、AWS アカウントで表示、検索、ダウンロードできます。詳細については、CloudTrail イベント履歴でのイベントの表示を参照してください。

でのイベントの継続的な記録については、AWSAmazon SageMaker のイベントなど、証跡を作成します。証跡により、CloudTrail はログファイルを アマゾン S3 バケットに配信できます。デフォルトでは、コンソールで証跡を作成するときに、証跡がすべての AWS リージョンに適用されます。証跡は、AWS パーティションのすべてのリージョンからのイベントをログに記録し、指定した アマゾン S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、その他の AWS サービスを設定して、CloudTrail ログで収集したデータをより詳細に分析し、それに基づく対応を行うことができます。詳細については、以下を参照してください。

すべての SageMaker アクション。ただし、InvokeEndpointは CloudTrail によってログに記録され、 Operations。例えば、CreateTrainingJobCreateEndpointCreateNotebookInstance の各アクションを呼び出すと、CloudTrail ログファイd\ルにエントリが生成されます。

各イベントまたはログエントリには、リクエストの生成者に関する情報が含まれます。この ID 情報は以下のことを確認するのに役立ちます。

  • リクエストが、ルートと AWS Identity and Access Management (IAM)ユーザー認証情報のどちらを使用して送信されたか。

  • リクエストが、ロールとフェデレーティッドユーザーのどちらの一時的なセキュリティ認証情報を使用して送信されたか.

  • リクエストが、別の AWS サービスによって送信されたかどうか。

詳細については、「CloudTrail userIdentity 要素」を参照してください。

自動モデル調整によって実行されるオペレーション

SageMaker は、自動モデル調整ジョブのために CloudTrail ログファイルへの非 API サービスイベントのログ記録をサポートします。これらのイベントは調整ジョブに関連していますが、パブリック AWS API に対するお客様のリクエストの直接の結果ではありません。たとえば、呼び出しによってハイパーパラメータ調整ジョブを作成する場合 CreateHyperParameterTuningJobSageMaker は、さまざまなハイパーパラメータの組み合わせを評価して最善の結果を見つけるトレーニングジョブを作成します。同様に、 StopHyperParameterTuningJobハイパーパラメータ調整ジョブを停止すると、SageMaker は関連する実行中のトレーニングジョブをすべて停止することがあります。調整ジョブの非 API イベントは CloudTrail に記録され、ガバナンス、コンプライアンス、およびAWSアカウント.

非 API サービスイベントから発生するログエントリの eventType は、AwsApiCall ではなく AwsServiceEvent です。

SageMaker ログファイルエントリの概要

証跡は、指定した S3 バケットにイベントをログファイルとして配信するように設定できます。CloudTrail ログファイルには、1 つ以上のログエントリがあります。イベントは任意の発生元からの 1 つのリクエストを表し、リクエストされたアクション、アクションの日時、リクエストのパラメータなどに関する情報が含まれます。CloudTrail ログファイルは、パブリック API コールの順序付けられたスタックトレースではないため、特定の順序では表示されません。

次に、トレーニングを受けたモデルをデプロイするエンドポイントを作成する、CreateEndpoint アクションのログエントリの例を示します。

{ "eventVersion":"1.05", "userIdentity": { "type":"IAMUser", "principalId":"AIXDAYQEXAMPLEUMLYNGL", "arn":"arn:aws:iam::123456789012:user/intern", "accountId":"123456789012", "accessKeyId":"ASXIAGXEXAMPLEQULKNXV", "userName":"intern" }, "eventTime":"2018-01-02T13:39:06Z", "eventSource":"sagemaker.amazonaws.com", "eventName":"CreateEndpoint", "awsRegion":"us-west-2", "sourceIPAddress":"127.0.0.1", "userAgent":"USER_AGENT", "requestParameters": { "endpointName":"ExampleEndpoint", "endpointConfigName":"ExampleEndpointConfig" }, "responseElements": { "endpointArn":"arn:aws:sagemaker:us-west-2:123456789012:endpoint/exampleendpoint" }, "requestID":"6b1b42b9-EXAMPLE", "eventID":"a6f85b21-EXAMPLE", "eventType":"AwsApiCall", "recipientAccountId":"444455556666" }

次に、以前にトレーニングを受けたモデルをホストする 1 つ以上のコンテナを作成する、CreateModel アクションのログエントリの例を示します。

{ "eventVersion":"1.05", "userIdentity": { "type":"IAMUser", "principalId":"AIXDAYQEXAMPLEUMLYNGL", "arn":"arn:aws:iam::123456789012:user/intern", "accountId":"123456789012", "accessKeyId":"ASXIAGXEXAMPLEQULKNXV", "userName":"intern" }, "eventTime":"2018-01-02T15:23:46Z", "eventSource":"sagemaker.amazonaws.com", "eventName":"CreateModel", "awsRegion":"us-west-2", "sourceIPAddress":"127.0.0.1", "userAgent":"USER_AGENT", "requestParameters": { "modelName":"ExampleModel", "primaryContainer": { "image":"174872318107.dkr.ecr.us-west-2.amazonaws.com/kmeans:latest" }, "executionRoleArn":"arn:aws:iam::123456789012:role/EXAMPLEARN" }, "responseElements": { "modelArn":"arn:aws:sagemaker:us-west-2:123456789012:model/barkinghappy2018-01-02t15-23-32-275z-ivrdog" }, "requestID":"417b8dab-EXAMPLE", "eventID":"0f2b3e81-EXAMPLE", "eventType":"AwsApiCall", "recipientAccountId":"444455556666" }