ロギングとモニタリング - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ロギングとモニタリング

Amazon CloudWatch を使用して Amazon SageMaker をモニタリングできます。これは raw データを収集し、ほぼリアルタイムの読み取り可能なメトリクスに加工します。これらの統計は 15 か月間保持されるため、履歴情報にアクセスしてウェブアプリケーションやサービスの動作をより的確に把握できます。また、特定のしきい値を監視するアラームを設定し、これらのしきい値に達したときに通知を送信したりアクションを実行したりできます。詳細については、「Amazon CloudWatch による Amazon SageMaker のモニタリング」を参照してください。

Amazon CloudWatch Logs を使用すると、Amazon EC2 インスタンスからログファイルをモニタリングして保存し、アクセスできます。AWS CloudTrail、およびその他の情報源である。メトリクスの収集と追跡、カスタマイズしたダッシュボードの作成、および指定したメトリクスが指定したしきい値に達したときに通知またはアクションを実行するアラームの設定を行うことができます。CloudWatch Logs は、ログファイル内の情報を監視し、特定のしきい値が満たされたときに通知します。また、耐久性の高いストレージにログデータをアーカイブすることもできます。詳細については、「Amazon CloudWatch を使用して Amazon SageMaker イベントをログに記録する」を参照してください。

AWS CloudTrailは、ユーザー、ロール、またはAWSサービスをサポートします。CloudTrail によって収集された情報を使用して、SageMaker に対するリクエスト、リクエスト元の IP アドレス、リクエストしたユーザー、リクエスト日時などの詳細を確認できます。詳細については, Amazon SageMaker API コールを記録するAWS CloudTrail.

注記

CloudTrail では、 runtime_InvokeEndpoint

Amazon CloudWatch Events でルールを作成して、SageMaker トレーニング、ハイパーパーパラメータの調整、またはバッチ変換ジョブのステータスのステータス変更に対応できます。詳細については、「Amazon EventBridge による Amazon SageMaker の自動化」を参照してください。