モデルレジストリを使用したモデルの登録とデプロイ - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

モデルレジストリを使用したモデルの登録とデプロイ

を使うと SageMaker モデルレジストリでは、次の操作を実行できます。

  • 本番稼働用モデルのカタログ化。

  • モデルのバージョン管理。

  • モデルへのメタデータ (トレーニングメトリクスなど) の関連付け。

  • モデルの承認ステータスの管理。

  • 本番環境へのモデルデプロイ。

  • CI/CD による、モデルデプロイの自動化。

作成によるモデルのカタログ作成 SageMaker モデルレジストリモデル (Package) 異なるバージョンのモデルを含むグループ。特定の問題を解決するためにトレーニングを行うすべてのモデルを追跡するモデルグループを作成できます。その後、トレーニングした各モデルを登録し、モデルレジストリはそれらを新しいモデルバージョンとしてモデルグループに追加します。最後に、モデルグループのカテゴリを次のようにさらに整理して作成できます。 SageMaker モデルレジストリコレクション。一般的なワークフローは、以下のようになります。

  • モデルグループを作成します。

  • モデルをトレーニングする機械学習パイプラインを作成する。についての情報について SageMaker パイプラインについては、を参照してください。作成と管理 SageMaker パイプライン

  • ML パイプラインの実行では、最初のステップで作成したモデルグループに登録するモデルバージョンを生成します。

  • モデルグループを 1 つ以上のモデルレジストリコレクションに追加します。

モデル、モデルバージョン、およびモデルグループを作成して操作する方法の詳細については、を参照してください。モデルレジストリモデル、モデルバージョン、モデルグループ。オプションで、モデルグループをさらにコレクションにグループ化したい場合は、を参照してください。モデル・レジストリー・コレクション