Amazon に Git リポジトリリポジトリを追加する SageMaker アカウント - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon に Git リポジトリリポジトリを追加する SageMaker アカウント

を管理するには GitHub リポジトリは、ノートブックインスタンスと簡単に関連付け、認証が必要なリポジトリの認証情報を関連付けて、Amazon のリソースとして無料で提供されています SageMaker アカウント。アカウントに保存されているリポジトリのリストと各リポジトリの詳細は SageMaker コンソールおよび API を使用する。

Git リポジトリを SageMaker のアカウント SageMaker コンソールまたはAWS CLI。

注記

以下を使用できます。 SageMaker APICreateCodeRepositoryGit リポジトリを SageMaker アカウント、しかし step-by-step 説明はここには記載されていません。

SageMaker アカウントに Git リポジトリを追加する (コンソール)

に Git リポジトリをリソースとして追加するには SageMaker アカウント

  1. を開きます SageMaker コンソールhttps://console.aws.amazon.com/sagemaker/

  2. [Notebook] (ノートブック) で、[Git repositories] (Git リポジトリ)、[Add repository] (リポジトリの追加) の順に選択します。

  3. 追加するには CodeCommit リポジトリ、選択AWS CodeCommit。の追加 GitHub または他の Git ベースのリポジトリ、選択するGitHub/その他の Git ベースのリポジトリ

既存のを追加するには CodeCommit 倉庫

  1. または、[既存のリポジトリを使用] を選択します。

  2. リポジトリについては、リストからリポジトリを選択してください。

  3. このリポジトリに使用する名前を入力します。 SageMaker。名前は 1 ~ 63 文字にする必要があります。有効な文字は、a ~ z、A ~ Z、0 ~ 9、- (ハイフン) です。

  4. [リポジトリの追加] を選択します。

新しいものを作成するには CodeCommit 倉庫

  1. [新しいリポジトリの作成] を選択します。

  2. 両方に使用できるリポジトリの名前を入力します。 CodeCommit そして SageMaker。名前は 1 ~ 63 文字にする必要があります。有効な文字は、a ~ z、A ~ Z、0 ~ 9、- (ハイフン) です。

  3. [Create repository] (リポジトリの作成) を選択します。

以外の場所にホストされている Git リポジトリを追加するには CodeCommit

  1. 選択してくださいGitHub/その他の Git ベースのリポジトリ

  2. 名前を 63 文字以内で入力します。使用できる文字は、英数字、ハイフン (-)、0~9 です。

  3. リポジトリの URL を入力してください。URL にユーザー名を入力しないでください。次のステップの説明に従って、AWS Secrets Manager にユーザー名とパスワードを追加します。

  4. Git 認証情報の場合、リポジトリへの認証に使用するクレデンシャルを選択します。これは Git リポジトリがプライベートな場合にのみ必要です。

    注記

    Git リポジトリに対して 2 要素認証が有効になっている場合は、パスワードの代わりに Git サービスプロバイダによって生成された個人用アクセストークンを使用してください。

    1. 既存の AWS Secrets Manager の秘密を使用するには、[既存の秘密を使用] を選択してから、リストから秘密を選択します。シークレットの作成と保存については、AWS Secrets Manager ユーザーガイドの「基本的なシークレットを作成する」を参照してください。使用するシークレットの名前に文字列 sagemaker を含める必要があります。

      注記

      シークレットのステージングラベルは AWSCURRENT で、フォーマットは次のとおりです。

      {"username": UserName, "password": Password}

      にとって GitHub リポジトリでは、アカウントパスワードの代わりに個人アクセストークンを使用することをお勧めします。詳細については、 を参照してください。https://help.github.com/articles/creating-a-personal-access-token-for-the-command-line

    2. 新しい AWS Secrets Manager シークレットを作成するには、「シークレットの作成」を選択し、シークレットの名前を入力してから、リポジトリの認証に使用するユーザー名とパスワードを入力します。シークレットの名前には文字列 sagemaker を含める必要があります。

      注記

      シークレットを作成するために使用する IAM ロールは、その IAM ポリシーで secretsmanager:GetSecretValue アクセス許可を持っていなければなりません。

      シークレットのステージングラベルは AWSCURRENT で、フォーマットは次のとおりです。

      {"username": UserName, "password": Password}

      にとって GitHub リポジトリでは、アカウントパスワードの代わりに個人アクセストークンを使用することをお勧めします。

    3. 認証情報を使用しない場合は、[シークレットなし] を選択します。

  5. [シークレットの作成] を選択します。