AWSAmazon の管理ポリシー SageMaker - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWSAmazon の管理ポリシー SageMaker

ユーザー、グループ、ロールに許可を追加するには、自分でポリシーを作成するよりも、AWS マネージドポリシーを使用する方が簡単です。チームに必要な許可のみを提供する IAM カスタマーマネージドポリシーを作成するには、時間と専門知識が必要です。すぐに使用を開始するために、AWS マネージドポリシーを使用できます。これらのポリシーは、一般的なユースケースを対象範囲に含めており、AWS アカウントで利用できます。AWSマネージドポリシーの詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「AWS マネージドポリシー」を参照してください。

AWS のサービスは、AWS マネージドポリシーを維持および更新します。AWS マネージドポリシーの許可を変更することはできません。サービスでは、新しい機能を利用できるようにするために、AWS マネージドポリシーに許可が追加されることがあります。このタイプの更新は、ポリシーがアタッチされているすべてのアイデンティティ (ユーザー、グループ、ロール) に影響します。新しい機能が立ち上げられた場合や、新しいオペレーションが使用可能になった場合に、各サービスが AWS マネージドポリシーを更新する可能性が最も高くなります。サービスは、AWS マネージドポリシーから許可を削除しないため、ポリシーの更新によって既存の許可が破棄されることはありません。

さらに、AWS では、複数のサービスにまたがるジョブ機能のためのマネージドポリシーもサポートしています。例えば、ReadOnlyAccess AWS 管理ポリシーでは、すべての AWS のサービスおよびリソースへの読み取り専用アクセスを許可します。あるサービスで新しい機能を立ち上げる場合は、AWS は、追加された演算とリソースに対し、読み取り専用の許可を追加します。職務機能ポリシーのリストと説明については、「IAM ユーザーガイド」の「ジョブ機能の AWS マネージドポリシー」を参照してください。

重要

ユースケースを実行できる、最も制限されたポリシーを使用することをお勧めします。

以下にAWSアカウントのユーザーにアタッチ可能な管理ポリシーは、Amazon に固有のものです。 SageMaker:

  • AmazonSageMakerFullAccess— Amazon へのフルアクセス権を付与します。 SageMaker リソースとサポートされている操作 これは Amazon S3 の無制限アクセスを提供していませんが、特定の sagemaker のタグ付きのバケット/オブジェクトをサポートしています。このポリシーでは、すべての IAM ロールを Amazon に渡すことができます。 SageMakerただし、」が付いている IAM ロールのみが許可されますAmazonSageMaker「彼らの中には渡されるAWS Glue,AWS Step Functions、およびAWS RoboMaker のサービス。

  • AmazonSageMakerReadOnly— Amazon への読み取り専用アクセスを付与します SageMaker リソースの料金を見積もることができます。

次の AWS 管理ポリシーは、アカウントのユーザーにアタッチできますが、推奨されません。

  • AdministratorAccess – アカウントのすべての AWS サービスおよびリソースに対するすべてのアクションを許可します。

  • DataScientist – データサイエンティストが直面する大多数のユースケース (主に分析やビジネスインテリジェンス) に対応する、幅広いアクセス許可を付与します。

これらのアクセス許可ポリシーについては、IAM コンソールにサインインしてそれらを検索することで確認できます。

独自のカスタム IAM ポリシーを作成して、Amazon にアクセス権限を付与することもできます。 SageMaker必要なアクションとリソース。これらのカスタムポリシーは、それらを必要とする IAM ユーザーにアタッチできます。

AWS管理ポリシー: AmazonSageMakerFullAccess

このポリシーは、プリンシパルにすべての Amazon へのフルアクセスを許可する管理者権限を付与します SageMaker リソースおよびオペレーション。このポリシーは、関連サービスへの限定アクセスも提供します。このポリシーでは、すべての IAM ロールを Amazon に渡すことができます。 SageMakerただし、」が付いている IAM ロールのみが許可されますAmazonSageMaker「彼らの中には渡されるAWS Glue,AWS Step Functions、およびAWS RoboMaker のサービス。このポリシーには、Amazon を作成するためのアクセス許可が含まれていません。 SageMaker ドメイン。。ドメインの作成に必要なポリシーの詳細については、「IAM 管理者ユーザーおよびグループを作成 」を参照してください。

許可の詳細

このポリシーには、以下の許可が含まれています。

  • application-autoscaling— プリンシパルが自動的にスケーリングできるようにする SageMaker リアルタイム推論エンドポイント。

  • athena - Amazon Athena のデータカタログ、データベース、テーブルメタデータのリストのクエリをプリンシパルに許可します。

  • aws-marketplace - AWS AI Marketplace サブスクリプションの表示をプリンシパルに許可します。アクセス対象 SageMakerサブスクライブされているソフトウェアAWS Marketplace。

  • cloudformation— プリンシパルが取得できるようにするAWS CloudFormation使用用のテンプレート SageMaker JumpStart ソリューションとパイプライン SageMaker JumpStart実行に必要なリソースを作成します end-to-end 結びつく機械学習ソリューション SageMaker 他にAWSのサービス。 SageMaker Pipelines では、にバックアップされた新しいプロジェクトが作成されますAWS Service Catalog。

  • cloudwatch— プリンシパルパルパルパルパルパルパルパル CloudWatch メトリクス、アラームの操作、ログのアップロード CloudWatch アカウントにログインします。

  • codebuild— プリンシパルの保存を許可AWS CodeBuildのアーティファクト SageMaker パイプラインとプロジェクト。

  • codecommit— 必要なものAWS CodeCommitと の統合 SageMakerノートブックインスタンス。

  • cognito-idp— アマゾンに必要 SageMaker プライベートワークフォースと作業チームを定義する Ground Truth。

  • ec2— 必要なもの SageMaker 自分に Amazon VPC を指定する際に、Amazon EC2 リソースとネットワークインターフェイスを管理します SageMaker ジョブ、モデル、エンドポイント、ノートブックインスタンス

  • ecr— Amazon 用の Docker アーティファクトをプルして保存する必要がある SageMaker Studio (カスタムイメージ)、トレーニング、処理、バッチ推論、推論エンドポイント。で自分のコンテナを使用する場合にもこれが必要です SageMaker。追加のアクセス権限 SageMaker JumpStart ユーザーに代わってカスタムイメージを作成および削除するには、ソリューションが必要です。

  • elastic-inference— プリンシパルが Amazon Elastic Inference に接続してを使用できるようにします SageMaker ノートブックインスタンスとエンドポイント

  • elasticfilesystem - Amazon Elastic File System へのアクセスをプリンシパルに許可します。これが必要な文字は D です。 SageMaker Amazon Elastic File System のデータソースを使用して、機械学習モデルのトレーニングを行います。

  • fsx - Amazon FSx へのアクセスをプリンシパルに許可します。これが必要な文字は D です。 SageMaker 機械学習モデルのトレーニングに Amazon FSx のデータソースを使用すること。

  • glue-内部からの推論パイプラインの前処理に必要 SageMaker ノートブックインスタンス。

  • groundtruthlabeling - Ground Truth のラベリングジョブに必要です。groundtruthlabeling エンドポイントは Ground Truth コンソールでアクセスします。

  • iam— 与える必要がある SageMaker 利用可能な IAM ロールへのコンソールアクセスと、サービスにリンクされたロールの作成。

  • kms— 与える必要がある SageMaker 使用可能へのコンソールアクセスAWS KMS指定した任意のキーを取得するAWS KMSジョブとエンドポイントのエイリアス

  • lambda - AWS Lambda 関数の呼び出しとリストの取得をプリンシパルに許可します。

  • logs— 許可する必要があります SageMaker ログストリームを公開するためのジョブとエンドポイント。

  • redshift - Amazon Redshift クラスター認証情報へのアクセスをプリンシパルに許可します。

  • redshift-data - ステートメントの実行、説明、キャンセル、ステートメント結果の取得、スキーマとテーブルの一覧表示を実行するための Amazon Redshift のデータの使用をプリンシパルに許可します。

  • robomaker-プリンシパルは、作成、説明の取得、削除を実行するためのフルアクセス権の取得をプリンシパルに許可しますAWS RoboMaker シミュレーションアプリケーションとジョブ これは、ノートブックインスタンスで強化学習のサンプルを実行する場合にも必要です。

  • s3-以下に関連する Amazon S3 リソースへのフルアクセス権の取得をプリンシパルに許可します。 SageMaker、しかし Amazon S3 のすべてではありません。

  • sagemaker-プリンシパルが Amazon にタグを一覧表示できるようにします SageMaker ユーザープロファイル。

  • secretsmanager - AWS Secrets Manager へのフルアクセス権の取得をプリンシパルに許可します。プリンシパルは、データベースやその他のサービスの認証情報を安全に暗号化、保存、取得できます。これも必要です SageMaker ノートブックインスタンス SageMaker を使用するコードリポジトリ GitHub。

  • servicecatalog - AWS Service Catalog の使用をプリンシパルに許可します。プリンシパルは、AWS リソースを使用してデプロイされたサーバー、データベース、ウェブサイト、アプリケーションなどの、プロビジョニング済み製品の作成、リストの取得、更新、終了を実行できます。これが必要な文字は D です。 SageMaker JumpStart そして、サービスカタログ製品を探して読み取り、ローンチするためのプロジェクトAWSユーザーアカウントのリソース。

  • sns - Amazon SNS トピックのリストの取得をプリンシパルに許可します。これは、非同期推論が有効になっているエンドポイントで、推論が完了したことをユーザーに通知するために必要です。

  • states— 必要なもの SageMaker JumpStart とパイプラインを使用して、サービスカタログを使用してステップ関数リソースを作成します。

  • tag— 必要なもの SageMaker Studio でレンダリングするパイプライン。Studio には特定の sagemaker:project-id tag-key でタグ付けされたリソースが必要です。これには、tag:GetResources アクセス許可が必要です。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "sagemaker:*" ], "NotResource": [ "arn:aws:sagemaker:*:*:domain/*", "arn:aws:sagemaker:*:*:user-profile/*", "arn:aws:sagemaker:*:*:app/*", "arn:aws:sagemaker:*:*:flow-definition/*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "sagemaker:CreatePresignedDomainUrl", "sagemaker:DescribeDomain", "sagemaker:ListDomains", "sagemaker:DescribeUserProfile", "sagemaker:ListUserProfiles", "sagemaker:*App", "sagemaker:ListApps" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": "sagemaker:*", "Resource": [ "arn:aws:sagemaker:*:*:flow-definition/*" ], "Condition": { "StringEqualsIfExists": { "sagemaker:WorkteamType": [ "private-crowd", "vendor-crowd" ] } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "application-autoscaling:DeleteScalingPolicy", "application-autoscaling:DeleteScheduledAction", "application-autoscaling:DeregisterScalableTarget", "application-autoscaling:DescribeScalableTargets", "application-autoscaling:DescribeScalingActivities", "application-autoscaling:DescribeScalingPolicies", "application-autoscaling:DescribeScheduledActions", "application-autoscaling:PutScalingPolicy", "application-autoscaling:PutScheduledAction", "application-autoscaling:RegisterScalableTarget", "aws-marketplace:ViewSubscriptions", "cloudformation:GetTemplateSummary", "cloudwatch:DeleteAlarms", "cloudwatch:DescribeAlarms", "cloudwatch:GetMetricData", "cloudwatch:GetMetricStatistics", "cloudwatch:ListMetrics", "cloudwatch:PutMetricAlarm", "cloudwatch:PutMetricData", "codecommit:BatchGetRepositories", "codecommit:CreateRepository", "codecommit:GetRepository", "codecommit:List*", "cognito-idp:AdminAddUserToGroup", "cognito-idp:AdminCreateUser", "cognito-idp:AdminDeleteUser", "cognito-idp:AdminDisableUser", "cognito-idp:AdminEnableUser", "cognito-idp:AdminRemoveUserFromGroup", "cognito-idp:CreateGroup", "cognito-idp:CreateUserPool", "cognito-idp:CreateUserPoolClient", "cognito-idp:CreateUserPoolDomain", "cognito-idp:DescribeUserPool", "cognito-idp:DescribeUserPoolClient", "cognito-idp:List*", "cognito-idp:UpdateUserPool", "cognito-idp:UpdateUserPoolClient", "ec2:CreateNetworkInterface", "ec2:CreateNetworkInterfacePermission", "ec2:CreateVpcEndpoint", "ec2:DeleteNetworkInterface", "ec2:DeleteNetworkInterfacePermission", "ec2:DescribeDhcpOptions", "ec2:DescribeNetworkInterfaces", "ec2:DescribeRouteTables", "ec2:DescribeSecurityGroups", "ec2:DescribeSubnets", "ec2:DescribeVpcEndpoints", "ec2:DescribeVpcs", "ecr:BatchCheckLayerAvailability", "ecr:BatchGetImage", "ecr:CreateRepository", "ecr:Describe*", "ecr:GetAuthorizationToken", "ecr:GetDownloadUrlForLayer", "ecr:StartImageScan", "elastic-inference:Connect", "elasticfilesystem:DescribeFileSystems", "elasticfilesystem:DescribeMountTargets", "fsx:DescribeFileSystems", "glue:CreateJob", "glue:DeleteJob", "glue:GetJob*", "glue:GetTable*", "glue:GetWorkflowRun", "glue:ResetJobBookmark", "glue:StartJobRun", "glue:StartWorkflowRun", "glue:UpdateJob", "groundtruthlabeling:*", "iam:ListRoles", "kms:DescribeKey", "kms:ListAliases", "lambda:ListFunctions", "logs:CreateLogDelivery", "logs:CreateLogGroup", "logs:CreateLogStream", "logs:DeleteLogDelivery", "logs:Describe*", "logs:GetLogDelivery", "logs:GetLogEvents", "logs:ListLogDeliveries", "logs:PutLogEvents", "logs:PutResourcePolicy", "logs:UpdateLogDelivery", "robomaker:CreateSimulationApplication", "robomaker:DescribeSimulationApplication", "robomaker:DeleteSimulationApplication", "robomaker:CreateSimulationJob", "robomaker:DescribeSimulationJob", "robomaker:CancelSimulationJob", "secretsmanager:ListSecrets", "servicecatalog:Describe*", "servicecatalog:List*", "servicecatalog:ScanProvisionedProducts", "servicecatalog:SearchProducts", "servicecatalog:SearchProvisionedProducts", "sns:ListTopics", "tag:GetResources" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ecr:SetRepositoryPolicy", "ecr:CompleteLayerUpload", "ecr:BatchDeleteImage", "ecr:UploadLayerPart", "ecr:DeleteRepositoryPolicy", "ecr:InitiateLayerUpload", "ecr:DeleteRepository", "ecr:PutImage" ], "Resource": [ "arn:aws:ecr:*:*:repository/*sagemaker*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "codecommit:GitPull", "codecommit:GitPush" ], "Resource": [ "arn:aws:codecommit:*:*:*sagemaker*", "arn:aws:codecommit:*:*:*SageMaker*", "arn:aws:codecommit:*:*:*Sagemaker*" ] }, { "Action": [ "codebuild:BatchGetBuilds", "codebuild:StartBuild" ], "Resource": [ "arn:aws:codebuild:*:*:project/sagemaker*", "arn:aws:codebuild:*:*:build/*" ], "Effect": "Allow" }, { "Action": [ "states:DescribeExecution", "states:GetExecutionHistory", "states:StartExecution", "states:StopExecution", "states:UpdateStateMachine" ], "Resource": [ "arn:aws:states:*:*:statemachine:*sagemaker*", "arn:aws:states:*:*:execution:*sagemaker*:*" ], "Effect": "Allow" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "secretsmanager:DescribeSecret", "secretsmanager:GetSecretValue", "secretsmanager:CreateSecret" ], "Resource": [ "arn:aws:secretsmanager:*:*:secret:AmazonSageMaker-*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "secretsmanager:DescribeSecret", "secretsmanager:GetSecretValue" ], "Resource": "*", "Condition": { "StringEquals": { "secretsmanager:ResourceTag/SageMaker": "true" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "servicecatalog:ProvisionProduct" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "servicecatalog:TerminateProvisionedProduct", "servicecatalog:UpdateProvisionedProduct" ], "Resource": "*", "Condition": { "StringEquals": { "servicecatalog:userLevel": "self" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:GetObject", "s3:PutObject", "s3:DeleteObject", "s3:AbortMultipartUpload" ], "Resource": [ "arn:aws:s3:::*SageMaker*", "arn:aws:s3:::*Sagemaker*", "arn:aws:s3:::*sagemaker*", "arn:aws:s3:::*aws-glue*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:GetObject" ], "Resource": "*", "Condition": { "StringEqualsIgnoreCase": { "s3:ExistingObjectTag/SageMaker": "true" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:GetObject" ], "Resource": "*", "Condition": { "StringEquals": { "s3:ExistingObjectTag/servicecatalog:provisioning": "true" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:CreateBucket", "s3:GetBucketLocation", "s3:ListBucket", "s3:ListAllMyBuckets", "s3:GetBucketCors", "s3:PutBucketCors" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:GetBucketAcl", "s3:PutObjectAcl" ], "Resource": [ "arn:aws:s3:::*SageMaker*", "arn:aws:s3:::*Sagemaker*", "arn:aws:s3:::*sagemaker*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "lambda:InvokeFunction" ], "Resource": [ "arn:aws:lambda:*:*:function:*sagemaker*", "arn:aws:lambda:*:*:function:*SageMaker*", "arn:aws:lambda:*:*:function:*Sagemaker*", "arn:aws:lambda:*:*:function:*LabelingFunction*" ] }, { "Action": "iam:CreateServiceLinkedRole", "Effect": "Allow", "Resource": "arn:aws:iam::*:role/aws-service-role/sagemaker.application-autoscaling.amazonaws.com/AWSServiceRoleForApplicationAutoScaling_SageMakerEndpoint", "Condition": { "StringLike": { "iam:AWSServiceName": "sagemaker.application-autoscaling.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": "iam:CreateServiceLinkedRole", "Resource": "*", "Condition": { "StringEquals": { "iam:AWSServiceName": "robomaker.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "sns:Subscribe", "sns:CreateTopic", "sns:Publish" ], "Resource": [ "arn:aws:sns:*:*:*SageMaker*", "arn:aws:sns:*:*:*Sagemaker*", "arn:aws:sns:*:*:*sagemaker*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:PassRole" ], "Resource": "arn:aws:iam::*:role/*AmazonSageMaker*", "Condition": { "StringEquals": { "iam:PassedToService": [ "glue.amazonaws.com", "robomaker.amazonaws.com", "states.amazonaws.com" ] } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:PassRole" ], "Resource": "arn:aws:iam::*:role/*", "Condition": { "StringEquals": { "iam:PassedToService": "sagemaker.amazonaws.com" } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "athena:ListDataCatalogs", "athena:ListDatabases", "athena:ListTableMetadata", "athena:GetQueryExecution", "athena:GetQueryResults", "athena:StartQueryExecution", "athena:StopQueryExecution" ], "Resource": [ "*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "glue:CreateTable" ], "Resource": [ "arn:aws:glue:*:*:table/*/sagemaker_tmp_*", "arn:aws:glue:*:*:table/sagemaker_featurestore/*", "arn:aws:glue:*:*:catalog", "arn:aws:glue:*:*:database/*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "glue:UpdateTable" ], "Resource": [ "arn:aws:glue:*:*:table/sagemaker_featurestore/*", "arn:aws:glue:*:*:catalog", "arn:aws:glue:*:*:database/sagemaker_featurestore" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "glue:DeleteTable" ], "Resource": [ "arn:aws:glue:*:*:table/*/sagemaker_tmp_*", "arn:aws:glue:*:*:catalog", "arn:aws:glue:*:*:database/*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "glue:GetDatabases", "glue:GetTable", "glue:GetTables" ], "Resource": [ "arn:aws:glue:*:*:table/*", "arn:aws:glue:*:*:catalog", "arn:aws:glue:*:*:database/*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "glue:CreateDatabase", "glue:GetDatabase" ], "Resource": [ "arn:aws:glue:*:*:catalog", "arn:aws:glue:*:*:database/sagemaker_featurestore", "arn:aws:glue:*:*:database/sagemaker_processing", "arn:aws:glue:*:*:database/default", "arn:aws:glue:*:*:database/sagemaker_data_wrangler" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "redshift-data:ExecuteStatement", "redshift-data:DescribeStatement", "redshift-data:CancelStatement", "redshift-data:GetStatementResult", "redshift-data:ListSchemas", "redshift-data:ListTables" ], "Resource": [ "*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "redshift:GetClusterCredentials" ], "Resource": [ "arn:aws:redshift:*:*:dbuser:*/sagemaker_access*", "arn:aws:redshift:*:*:dbname:*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloudformation:ListStackResources" ], "Resource": "arn:aws:cloudformation:*:*:stack/SC-*" } ] }

AWS管理ポリシー: AmazonSageMakerReadOnly

このポリシーは、Amazon への読み取り専用アクセス権を付与 SageMaker を介してAWS Management Consoleおよび SDK。

許可の詳細

このポリシーには、以下の許可が含まれています。

  • application-autoscaling— スケーラブルの説明をユーザーが閲覧できるようにする SageMaker リアルタイム推論エンドポイント。

  • aws-marketplace - AWS AI Marketplace サブスクリプションの表示をユーザーに許可します。

  • cloudwatch-ユーザーがを受け取ることを許可する CloudWatch アラーム。。

  • cognito-idp— アマゾンに必要 SageMaker Ground Truth を使用すると、プライベートワークフォースと作業チームの説明とリストを参照できます。

  • ecr - トレーニングと推論用に Docker アーティファクトを読み取るために必要です。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "sagemaker:Describe*", "sagemaker:List*", "sagemaker:BatchGetMetrics", "sagemaker:GetDeviceRegistration", "sagemaker:GetDeviceFleetReport", "sagemaker:GetSearchSuggestions", "sagemaker:BatchGetRecord", "sagemaker:GetRecord", "sagemaker:Search", "sagemaker:QueryLineage", "sagemaker:GetLineageGroupPolicy", "sagemaker:BatchDescribeModelPackage", "sagemaker:GetModelPackageGroupPolicy" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "application-autoscaling:DescribeScalableTargets", "application-autoscaling:DescribeScalingActivities", "application-autoscaling:DescribeScalingPolicies", "application-autoscaling:DescribeScheduledActions", "aws-marketplace:ViewSubscriptions", "cloudwatch:DescribeAlarms", "cognito-idp:DescribeUserPool", "cognito-idp:DescribeUserPoolClient", "cognito-idp:ListGroups", "cognito-idp:ListIdentityProviders", "cognito-idp:ListUserPoolClients", "cognito-idp:ListUserPools", "cognito-idp:ListUsers", "cognito-idp:ListUsersInGroup", "ecr:Describe*" ], "Resource": "*" } ] }

SageMaker を更新しますAWS管理ポリシー

更新の詳細を表示します。AWS用の 管理ポリシー SageMaker このサービスがこれらの変更の追跡を開始してからです。このページへの変更に関する自動通知を受けるには、の RSS フィードを購読してくださいSageMaker ドキュメント履歴ページ。

ポリシー バージョン 変更 日付

AmazonSageMakerFullAccess

23

glue:UpdateTable を追加する。

2022 年 6 月 29 日

AmazonSageMakerFullAccess

22

cloudformation:ListStackResources を追加する。

2022 年 5 月 1 日

AmazonSageMakerReadOnly

11

sagemaker:QueryLineagesagemaker:GetLineageGroupPolicysagemaker:BatchDescribeModelPackagesagemaker:GetModelPackageGroupPolicy アクセス許可を追加します。

2021 年 12 月 1 日

AmazonSageMakerFullAccess

21

非同期推論が有効になっているエンドポイントの sns:Publish アクセス許可を追加。

2021 年 9 月 8 日

AmazonSageMakerFullAccess

20

iam:PassRole リソースおよびアクセス許可を更新します。

2021 年 7 月 15 日

AmazonSageMakerReadOnly

10

新しい APIBatchGetRecordの追加 SageMaker Feature Store

2021 年 6 月 10 日

SageMaker itsの変更の追跡を開始しましたAWSマネージドポリシー。

2021 年 6 月 1 日