ライフサイクル設定スクリプトを使用したノートブックインスタンスをカスタマイズします。 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ライフサイクル設定スクリプトを使用したノートブックインスタンスをカスタマイズします。

ノートブックインスタンスにパッケージまたはサンプルノートブックをインストールするには、ネットワーキングおよびセキュリティを構成するか、シェルスクリプトを使用してカスタマイズして、ライフサイクル設定を使用します。ノートブックインスタンスの作成時または起動時にのみ実行されるシェルスクリプトは、ライフサイクル設定で提供されます。ノートブックインスタンスを作成する場合、新しいライフサイクル設定して既存のものを使用するか、適用するスクリプトを作成することができます。

また、ライフサイクル設定スクリプトを使用して、ノートブックから AWS のサービスにアクセスすることもできます。例えば、Amazon EMR インスタンスなどの他の AWS リソースをノートブックを使用して制御できるスクリプトを作成できます。

https://github.com/aws-samples/amazon-sagemaker-notebook-instance-lifecycle-configuration-samples では、ノートブックインスタンスをカスタマイズするための一般的なユースケースに対応するノートブックライフサイクル設定スクリプトのパブリックリポジトリを維持しています。

注記

各スクリプトの長さは 16384 文字に制限されています。

両方のスクリプトで使用できる $PATH 環境変数の値は /usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/bin:/usr/sbin:/sbin:/bin です。$PWD 環境変数の値である作業ディレクトリは、/ です。

CloudWatch ログストリーム のロググループのノートブックインスタンスのライフサイクル設定/aws/sagemaker/NotebookInstancesのログを表示します[notebook-instance-name]/[LifecycleConfigHook]

スクリプトは 5 分以上実行できません。スクリプトが 5 分以上実行されると、スクリプトは失敗し、ノートブックインスタンスは作成または開始されません。スクリプトの実行時間を短縮できるように、次のことを試してください。

  • 必要なステップを削減します。例えば、大きなパッケージをインストールする Conda 環境を制限します。

  • 並列プロセスでタスクを実行します。

  • スクリプトで nohup コマンドを使用します。

SageMaker コンソールでライフサイクル設定を選択すると、以前に作成したノートブックインスタンスのライフサイクル設定のリストを表示できます。ノートブックインスタンスのライフサイクル設定は、新しいノートブックインスタンスを作成する際にアタッチできます。ノートブックインスタンスの作成の詳細については、「ノートブックインスタンスの作成」を参照してください。

ライフサイクル設定を作成するには
  1. https://console.aws.amazon.com/sagemaker/ で SageMaker コンソールを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[管理設定]‭ を選択します。

  3. [管理設定] で、[ライフサイクル設定] を選択します。

  4. [ライフサイクル設定] ページで、[ノートブックインスタンス] タブを選択します。

  5. [Create configuration] (設定を作成) をクリックします。

  6. [名前] に英数字と「-」を使用して名前を入力します。ただし、スペースは使用できません。名前に使用できるのは最大 63 文字です。

  7. (オプション) ノートブックの作成時と起動時に実行されるスクリプトを作成するには、[ノートブックの開始] を選択します。

  8. [ノートブックの開始] エディタにスクリプトを入力します。

  9. (オプション) ノートブックを作成する際に一度のみ実行されるスクリプトを作成するには、[ノートブックの作成] を選択します。

  10. [ノートブックの作成] エディタに、ネットワーク設定スクリプトを入力します。

  11. [Create configuration] (設定を作成) をクリックします。