リソースのシャットダウン - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

リソースのシャットダウン

重要

2023 年 11 月 30 日現在、以前の Amazon SageMaker Studio エクスペリエンスは Amazon SageMaker Studio Classic という名前になりました。次のセクションは、Studio Classic アプリケーションの使用に固有のものです。更新された Studio エクスペリエンスの使用については、「」を参照してくださいAmazon SageMaker スタジオ

Studio Classic からノートブック、ターミナル、カーネル、アプリケーション、インスタンスなど、個々の Amazon SageMaker リソースをシャットダウンできます。これらのカテゴリのいずれかにあるすべてのリソースを同時にシャットダウンすることもできます。Amazon SageMaker Studio Classic は、ノートブック内からのリソースのシャットダウンをサポートしていません。

注記

Studio Classic ノートブックインスタンスをシャットダウンしても、Studio Classic で作成した追加のリソースは削除されません。例えば、追加のリソースには SageMaker、エンドポイント、Amazon EMR クラスター、Amazon S3 バケットを含めることができます。料金の発生を停止するには、これらのリソースを手動で削除する必要があります。料金が発生するリソースの検索については、「 によるコストの分析 AWS Cost Explorer」を参照してください。

以下のトピックでは、これらの SageMaker リソースを削除する方法を示します。

開いているノートブックのシャットダウン

Studio Classic ノートブックをシャットダウンしても、ノートブックは削除されません。ノートブックが実行されているカーネルはシャットダウンされ、ノートブックに保存されていない情報は失われます。開いているノートブックは、Studio Classic File メニューまたは実行中のターミナルとカーネルペインからシャットダウンできます。次の手順は、Studio Classic ファイルメニューから開いているノートブックをシャットダウンする方法を示しています。

開いているノートブックをファイルメニューからシャットダウンするには
  1. の手順に従って Studio Classic を起動しますAmazon SageMaker Studio Classic を起動する

  2. (オプション) ファイル を選択してノートブックの内容を保存し、ノートブック を保存します

  3. ファイル を選択します。

  4. ノートブックを閉じる とシャットダウン を選択します。ポップアップウィンドウが開きます。

  5. ポップアップウィンドウから、OK を選択します。

リソースのシャットダウン

アイコンを選択すると、Amazon SageMaker Studio Classic のターミナルとカーネルの実行ペインにアクセスできます。[実行中のターミナルとカーネル] ペインは 4 つのセクションで構成されています。各セクションには、そのタイプのリソースがすべてリスト表示されます。各リソースを個別にシャットダウンすることも、セクション内のすべてのリソースを同時にシャットダウンすることもできます。

セクション内のすべてのリソースをシャットダウンすると、以下のようになります。

  • 実行中のインスタンス/実行中のアプリケーション - すべてのインスタンス、アプリ、ノートブック、カーネルセッション、コンソール/シェル、イメージターミナルがシャットダウンされます。システムターミナルはシャットダウンされません。

  • カーネルセッション - すべてのカーネル、ノートブック、コンソール/シェルがシャットダウンされます。

  • ターミナルセッション - すべてのイメージターミナルとシステムターミナルがシャットダウンされます。

リソースをシャットダウンするには
  1. の手順に従って Studio Classic を起動しますAmazon SageMaker Studio Classic を起動する

  2. 実行中のターミナルとカーネルアイコン () を選択します

  3. 次のいずれかを実行します。

    • 特定のリソースをシャットダウンするには、リソースと同じ行にある [シャットダウン] アイコン ( ) を選択します。

      実行中のインスタンスの場合、確認ダイアログボックスにシャットダウンするすべてのリソースが一覧表示 SageMaker されます。確認ダイアログボックスには、実行中のすべてのアプリケーションが表示されます。続行するには、すべての をシャットダウンを選択します

      注記

      カーネルセッションまたはターミナルセッションには確認ダイアログボックスは表示されません。

    • セクション内のすべてのリソースをシャットダウンするには、セクションラベルの右側にある [X] を選択します。確認ダイアログボックスが表示されます。[Shut down all (すべてシャットダウン)] を選択して続行します。

      注記

      これらの Studio Classic リソースをシャットダウンしても、 SageMaker エンドポイント、Amazon EMR クラスター、Amazon S3 バケットなど、Studio Classic から作成された追加のリソースは削除されません。料金の発生を停止するには、これらのリソースを手動で削除する必要があります。料金が発生するリソースの検索については、「 によるコストの分析 AWS Cost Explorer」を参照してください。