Amazon SageMaker の前提条件 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SageMaker の前提条件

Amazon をセットアップする前に SageMaker:

  • 必須: アカウントのすべての AWS サービスとリソースにアクセスするには、Amazon Web Services (AWS) アカウントを作成する必要があります。

  • 強く推奨される : IAM のセキュリティのベストプラクティスに従って、アカウントの AWS リソースを管理する管理ユーザーを作成することを強くお勧めします。デ SageMaker ベロッパーガイド全体で、多くの管理タスクの管理ユーザーがいることを前提としています。

  • オプション: を使用してアカウントの AWS サービスとリソースを管理する場合は、 AWS Command Line Interface (AWS CLI) を設定します AWS CLI。

にサインアップする AWS アカウント

がない場合は AWS アカウント、次の手順を実行して作成します。

にサインアップするには AWS アカウント
  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話キーパッドで検証コードを入力するように求められます。

    にサインアップすると AWS アカウント、 AWS アカウントのルートユーザーが作成されます。ルートユーザーには、アカウントのすべての AWS のサービス とリソースへのアクセス権があります。セキュリティのベストプラクティスとして、ユーザーに管理アクセスを割り当て、ルートユーザーのみを使用してルートユーザーアクセスが必要なタスクを実行してください。

AWS サインアッププロセスが完了すると、 から確認メールが送信されます。https://aws.amazon.com/[マイアカウント] を選んで、いつでもアカウントの現在のアクティビティを表示し、アカウントを管理できます。

管理アクセスを持つユーザーを作成する

にサインアップしたら AWS アカウント、 を保護し AWS アカウントのルートユーザー、 を有効にして AWS IAM Identity Center、日常的なタスクにルートユーザーを使用しないように管理ユーザーを作成します。

のセキュリティ保護 AWS アカウントのルートユーザー
  1. ルートユーザーを選択し、 AWS アカウント E メールアドレスを入力して、アカウント所有者AWS Management Consoleとして にサインインします。次のページでパスワードを入力します。

    ルートユーザーを使用してサインインする方法については、AWS サインイン ユーザーガイドの「ルートユーザーとしてサインインする」を参照してください。

  2. ルートユーザーの多要素認証 (MFA) を有効にします。

    手順については、「IAM ユーザーガイド」の AWS アカウント 「ルートユーザーの仮想 MFA デバイスを有効にする (コンソール)」を参照してください。

管理アクセスを持つユーザーを作成する
  1. IAM アイデンティティセンターを有効にします。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「AWS IAM Identity Centerの有効化」を参照してください。

  2. IAM アイデンティティセンターで、ユーザーに管理アクセスを付与します。

    を ID ソース IAM アイデンティティセンターディレクトリ として使用する方法のチュートリアルについては、「 ユーザーガイド」の「デフォルト でユーザーアクセス IAM アイデンティティセンターディレクトリを設定するAWS IAM Identity Center 」を参照してください。

管理アクセス権を持つユーザーとしてサインインする
  • IAM アイデンティティセンターのユーザーとしてサインインするには、IAM アイデンティティセンターのユーザーの作成時に E メールアドレスに送信されたサインイン URL を使用します。

    IAM Identity Center ユーザーを使用してサインインする方法については、「 AWS サインイン ユーザーガイド」の AWS 「 アクセスポータルにサインインする」を参照してください。

追加のユーザーにアクセス権を割り当てる
  1. IAM アイデンティティセンターで、最小特権のアクセス許可を適用するというベストプラクティスに従ったアクセス許可セットを作成します。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「権限設定を作成する」を参照してください。

  2. グループにユーザーを割り当て、そのグループにシングルサインオンアクセス権を割り当てます。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「グループの参加」を参照してください。

を設定するための管理ユーザーを作成する場合 SageMaker、管理ユーザーには SageMaker リソースを作成するための特定のアクセス許可を含める必要があります。アクセス許可を表示するには、次の管理者アクセス許可セクションを展開します。

上記の手順を使用して管理ユーザーを作成する場合、管理ユーザーには、AmazonSageMakerFullAccessポリシーに含まれるアクセス許可と以下のアクセス許可が既に含まれている必要があります。これらのポリシーは、他のタスク間で SageMaker ドメインを作成するために必要です。

独自のカスタムポリシーを作成する場合は、これらのアクセス許可がドメインを作成し、 でセットアップするために必要です SageMaker。ポリシーの追加の詳細については、「 ユーザーガイド」の「IAM ID アクセス許可の追加と削除AWS Identity and Access Management 」を参照してください。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "sagemaker:*" ], "Resource": [ "arn:aws:sagemaker:*:*:domain/*", "arn:aws:sagemaker:*:*:user-profile/*", "arn:aws:sagemaker:*:*:app/*", "arn:aws:sagemaker:*:*:flow-definition/*" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iam:GetRole", "servicecatalog:*" ], "Resource": [ "*" ] } ] }

オプション : AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用してアカウントの AWS サービスとリソースを管理する場合は、次の手順 () に進みますを設定する AWS CLI

前提条件 を完了したら、セットアップ手順に進みます。で オプションを選択すると、セットアップ手順に進むことができますAmazon のセットアップ SageMaker

を設定する AWS CLI

を使用してドメインおよびその他の AWS のサービスやリソースを管理するには AWS CLI、「 バージョン 2 用ユーザーガイド」の AWS CLI「 のセットアップ」でセットアップを完了します。 AWS Command Line Interface

前提条件 を完了したら、セットアップ手順に進みます。で オプションを選択すると、セットアップ手順に進むことができますAmazon のセットアップ SageMaker