Amazon SageMaker をセットアップする - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SageMaker をセットアップする

このセクションでは、にサインアップします。AWSアカウントにログインし、IAM 管理者ユーザーを作成した後、Amazon SageMaker Studio にオンボードします。

SageMaker を初めて使用する場合は、「SageMaker」を初めて使用する場合は、Amazon SageMaker の仕組み

AWS アカウントを作成する

このセクションでは、AWS アカウントにサインアップします。すでに AWS アカウントをお持ちの場合は、この手順をスキップしてください。

Amazon Web Services サインアップすると (AWS)、AWSアカウントは自動的にすべてのAWSサービス, SageMaker を含みます. 料金が発生するのは、実際に使用したサービスの分のみです。

AWS アカウントを作成するには

  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて確認コードを入力することが求められます。

次のタスクで必要となるため、AWS アカウント ID を書き留めておきます。

IAM 管理者ユーザーおよびグループを作成

を作成するときAWSアカウントでは、すべてのAWSアカウント内のサービスとリソース。このアイデンティティは、AWSアカウントのルートユーザーと呼ばれます。にサインインするAWSアカウントの作成に使用した E メールアドレスとパスワードを使ってコンソールを使用すると、すべてのAWSアカウントのリソース。

日常的なタスクには (それが管理タスクであっても)、ルートユーザーを使用しないよう強くお勧めします。代わりに、「」に従ってください。個々の IAM ユーザーの作成、AWS Identity and Access Management(IAM) 管理者ユーザー。その後、root ユーザーの認証情報を安全な場所に保管し、それらを使用して少数のアカウントおよびサービス管理タスクのみを実行します。

管理者ユーザーを作成するには

  • AWS アカウントで管理ユーザーを作成します。手順については、以下を参照してください。最初の IAM ユーザーおよび管理者グループの作成IAM ユーザーガイド

    注記

    このガイドの演習と手順で、管理ユーザーの認証情報を使用することを前提としています。別の IAM ユーザーを作成して使用する場合、そのユーザーに最小限のアクセス権限を付与します。詳細については、「アイデンティティを使用した認証」を参照してください。