Amazon SageMaker ドメイン - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SageMaker ドメイン

Amazon SageMaker ドメインは、 SageMaker 機械学習 (ML) 環境をサポートしています。 SageMaker ドメインは、次のエンティティで構成されます。ドメインを作成するオンボーディング手順については、「」を参照してくださいAmazon SageMaker ドメインの概要

  • ドメイン : Amazon SageMaker ドメインは、関連付けられた Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ボリューム、承認されたユーザーのリスト、およびさまざまなセキュリティ、アプリケーション、ポリシー、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 設定で構成されます。ドメイン内のユーザーは、ノートブックファイルやその他のアーティファクトを互いに共有できます。アカウントには複数のドメインを含めることができます。複数のドメインの詳細については、「」を参照してください複数のドメインの概要

  • UserProfile: ユーザープロファイルは、ドメイン内の単一のユーザーを表します。これは共有、レポートなどのユーザー指向機能でユーザーを参照する主な方法です。このエンティティは、ユーザーが Amazon SageMaker ドメインにオンボードしたときに作成されます。ユーザープロファイルの詳細については、「ドメインユーザープロファイル」を参照してください。

  • 共有スペース: 共有スペースは、共有 JupyterServer アプリケーションと共有ディレクトリで構成されます。ドメイン内のすべてのユーザーは共有スペースにアクセスできます。ドメイン内のすべてのユーザープロファイルは、ドメイン内のすべての共有スペースにアクセスできます。共有スペースの詳細については、「共有スペースでコラボレーション」を参照してください。

  • アプリ: アプリは、ユーザーのノートブック、ターミナル、コンソールの読み取りと実行をサポートするアプリケーションを表します。アプリのタイプは JupyterServer、、 KernelGateway、RStudioServerPro、または RSession です。ユーザーは、複数のアプリを同時にアクティブにできます。

次の表に、domainUserProfileshared spaceApp エンティティのステータス値を示します。該当する場合は、トラブルシューティングのステップも記載しています。

ドメインステータス値
説明
[保留中] ドメインの作成中。
InService ドメインが正常に作成されました。
[更新中] ドメインの更新中。
[削除中] ドメインの削除中。
[失敗] ドメインの作成に失敗しました。DescribeDomain API を呼び出して、ドメイン作成の失敗理由を確認します。「」に記載されているエラーを修正した後、失敗したドメインを削除し、ドメインを再作成しますFailureReason
Update_Failed ドメインの更新に失敗しました。DescribeDomain API を呼び出して、ドメイン更新の失敗理由を確認します。FailureReason に記載されているエラーを修正した後、UpdateDomain API を呼び出します。
Delete_Failed ドメインの削除に失敗しました。DescribeDomain API を呼び出して、ドメイン削除の失敗理由を確認します。削除に失敗したため、まだ実行中のリソースがいくつかある可能性がありますが、ドメインを使用または更新することはできません。FailureReason に記載されているエラーを修正した後、DeleteDomain API を再度呼び出します。
UserProfile ステータス値
説明
[保留中] UserProfile の作成中。
InService UserProfile の作成成功。
[更新中] UserProfile の更新中。
[削除中] UserProfile の削除中。
[失敗] UserProfile の作成失敗。DescribeUserProfile API を呼び出して、UserProfile 作成の失敗の理由を確認します。失敗した UserProfile を削除し、FailureReason に記載されているエラーを修正した後に再度作成します。
Update_Failed UserProfile の更新失敗。DescribeUserProfile API を呼び出して、UserProfile 更新の失敗の理由を確認します。FailureReason に記載されているエラーを修正した後に UpdateUserProfile API を再度呼び出します。
Delete_Failed UserProfile の削除失敗。DescribeUserProfile API を呼び出して、UserProfile 削除の失敗の理由を確認します。削除に失敗したため、まだ実行されているリソースがいくつかある可能性がありますが、UserProfile を使用したり更新したりすることはできません。FailureReason に記載されているエラーを修正した後に DeleteUserProfile API を再度呼び出します。
共有スペースのステータス値
説明
[保留中] 共有スペースの作成中。
InService 共有スペースの作成成功。
[削除中] 共有スペースの削除中。
[失敗] 共有スペースの作成失敗。DescribeSpace API を呼び出して、共有スペース作成の失敗の理由を確認します。失敗した共有スペースを削除し、FailureReason に記載されているエラーを修正した後に再度作成します。
Update_Failed 共有スペースの更新失敗。DescribeSpace API を呼び出して、共有スペース更新の失敗の理由を確認します。FailureReason に記載されているエラーを修正した後に UpdateSpace API を再度呼び出します。
Delete_Failed 共有スペースの削除失敗。DescribeSpace API を呼び出して、共有スペース削除の失敗の理由を確認します。削除に失敗したため、まだ実行されているリソースがいくつかある可能性がありますが、共有スペースを使用したり更新したりすることはできません。FailureReason に記載されているエラーを修正した後、DeleteSpace API を再度呼び出します。
[Deleted] (削除済み) 共有スペースの削除成功。
App ステータス値
説明
[保留中] App の作成中。
InService App の作成成功。
[削除中] App の削除中。
[失敗] App の作成失敗。DescribeApp API を呼び出して、App 作成の失敗の理由を確認します。FailureReason に記載されているエラーを修正した後、CreateApp API を再度呼び出します。
[Deleted] (削除済み) App の削除成功。

アプリケーションのメンテナンス

少なくとも 90 日に 1 回は、Amazon SageMaker Studio Classic および 、 SageMaker Canvas KernelGateway、Amazon SageMaker Data Wrangler JupyterServer アプリケーションの基盤となるソフトウェアに対してセキュリティおよびパフォーマンスの更新 SageMaker を実行します。オペレーティングシステムのアップグレードなど、一部のメンテナンス項目では、 SageMaker がメンテナンスウィンドウ中にアプリケーションを短時間オフラインにする必要があります。このメンテナンスではアプリケーションがオフラインになるため、基盤ソフトウェアの更新中は操作を実行できません。メンテナンスアクティビティが進行中の場合、アプリケーションの状態は から保留中 InServiceに移行します。メンテナンスが完了すると、アプリケーションのステータスは に戻りますInService。パッチ適用に失敗すると、アプリケーションのステータスは Failed になります。アプリケーションが Failed 状態の場合は、同じタイプの新しいアプリケーションを作成することをお勧めします。Studio Classic アプリケーションの作成については、「」を参照してください SageMaker Studio Classic および Studio Classic アプリのシャットダウンと更新。 SageMaker Canvas アプリケーションの作成については、「」を参照してくださいアプリケーションの管理

詳細については、https://aws.amazon.com/premiumsupport/ にお問い合わせください。