Amazon SageMaker スタジオへのオンボード - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SageMaker スタジオへのオンボード

Amazon SageMaker Studio および Amazon SageMaker Studio ノートブックを使用するには、SageMaker コンソールを使用して Studio のオンボーディングプロセスを完了する必要があります。

オンボーディング時には、いずれかのAWS Single Sign-On(AWS SSO) またはAWS Identity and Access Management(IAM) を使用します。IAM 認証を使用する場合は、[] の [クイックスタートまたは標準設定プロシージャ。

注記

IAM 認証を使用してオンボーディングし、AWS SSO認証後、SageMaker Studio によって作成されたドメインを削除する必要があります。その後に、作成したすべてのノートブックとその他のユーザーデータを手動で再インポートする必要があります。詳細については、「Amazon SageMaker Studio のドメインを削除する」を参照してください。

Amazon SageMaker Studio アカウントを作成する最も簡単な方法は、Amazon SageMaker Studio アカウントを作成する方法です。クイックスタートプロシージャ。クイックスタートでは、標準設定手順。これらの設定には、共有可能なノートブックとパブリックインターネットアクセスが含まれます。AWS SSO 認証を使用する場合など、より詳細な管理を行うには、標準セットアップ手順を使用します。

AWS SSO 認証

を使用するにはAWS SSO認証を Amazon SageMaker Studio で使用するには、AWS SSO組織。

注記

SSO 組織アカウントは、同じAWSAmazon SageMaker スタジオとしてのリージョン。

AWS SSO認証には、IAM 認証よりも次のようなメリットがあります。

  • Studio へのアクセスを許可されたメンバーは、Studio を直接開く一意のサインイン URL を持ち、各自の SSO 認証情報でサインインします。IAM 認証を使用する場合は、SageMaker コンソールからサインインする必要があります。

  • 組織は、Studio ではなく、AWS SSO のメンバーを管理します。複数のメンバーに Studio へのアクセスを同時に割り当てることができます。IAM 認証を使用する場合は、Studio Control Panel でメンバーを 1 人ずつ手動で追加および管理する必要があります。