カスタムラベル付けワークフロー用の Lambda 関数を作成する - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

カスタムラベル付けワークフロー用の Lambda 関数を作成する

Lambda コンソール、AWS CLI、または AWS SDK を使用して、サポートされている任意のプログラミング言語で Lambda 関数を作成できます。次の各オプションの詳細については、AWS Lambda デベロッパーガイドを参照してください。

Ground Truth は、AWS Serverless Application Repository (SAR) レシピを介して注釈前と注釈後のテンプレートを提供します。以下の手順を使用して、Lambda コンソールでGround Truth レシピを選択します。

Ground Truth SAR レシピを使用して、注釈前と注釈後の Lambda 関数を作成します。

  1. Lambda コンソールの [Functions] (関数) ページを開きます。

  2. [Create Function] (関数を作成) を選択します。

  3. [Browse serverless app repository] (Serverless Application Repository の参照) を選択します。

  4. 検索ボックスに、aws-sagemaker-ground-truth-recipe と入力してそのアプリを選択します。

  5. [Deploy] (デプロイ) を選択します。アプリのデプロイには数分かかることがあります。

    アプリがデプロイされると、2 つの関数、serverlessrepo-aws-sagema-GtRecipePreHumanTaskFunc-<id>serverlessrepo-aws-sagema-GtRecipeAnnotationConsol-<id> がLambda コンソールの [Functions] (関数) セクションに表示されます。

  6. これらの関数のいずれかを選択し、カスタムロジックを[Code] (コード) セクションに追加します。

  7. 変更が完了したら、[Deploy] (デプロイ) を選択し、デプロイします。