ステップ 3: を使用した処理AWS Lambda - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 3: を使用した処理AWS Lambda

このステップでは、カスタムラベル付けワークフローを作成するために必要な AWSLambda 関数の 2 つのタイプを作成して指定する方法について説明します。

  • 前注釈 Lambda: この関数は、ラベル付けジョブに送信される各データオブジェクトをワーカーに送信する前に開始し、前処理します。

  • 後注釈 Lambda: この関数は、ワーカーがタスクを送信すると結果を処理します。データオブジェクトごとに複数のワーカーを指定する場合、この関数に注釈を統合するロジックが含まれる場合があります。

Lambda と Ground Truth を初めて使用する場合は、このセクションのページを以下のように使用することをお勧めします。

  1. まず、「注釈前と注釈後の Lambda 関数の要件」 を確認します。

  2. 次に、「Ground Truth で AWS Lambda を使用するために必要なアクセス許可 」の ページを使用して、Ground Truth カスタムラベル付けジョブで注釈前と注釈後の Lambda 関数を使用するためのセキュリティ要件と権限要件について学習します。

  3. 次に、Lambda コンソールにアクセスするか、Lambda の API を使用して関数を作成する必要があります。関数の作成方法については「カスタムラベル付けワークフロー用の Lambda 関数を作成する」 セクションで確認できます。

  4. Lambda 関数のテスト方法については、「注釈前と注釈後の Lambda 関数をテストする」を参照してください。

  5. 前処理と後処理の Lambda 関数を作成したら、Ground Truth コンソールでカスタム HTML のコードエディタの後に表示される [Lambda functions] (Lambda 関数) セクションからそれらを選択します。CreateLabelingJob API リクエストでこれらの関数を使用する方法については、「ラベル付けジョブを作成 (API)」を参照してください。

注釈前と注釈後の Lambda 関数の例を含むカスタムラベル付けワークフローのチュートリアルについては、「デモテンプレート: を使用したイメージの注釈crowd-bounding-box」ドキュメントを参照してください。