Amazon SageMaker
開発者ガイド

データラベリング

Amazon SageMaker Ground Truth は、ラベル付けされるワーカーへのデータオブジェクトの送信を管理します。各データオブジェクトのラベリングは、1 つのタスクです。ワーカーは、ラベリングジョブ全体を完了するまで、各タスクを仕上げます。Ground Truth は、ワーカーに送信されるより小さいバッチにタスクの合計数を分割します。前のバッチが終了すると、新しいバッチがワーカーに送信されます。

Ground Truth は、データラベルの精度を向上する機能と、データのラベリングの合計コストを削減する機能の 2 つの機能を提供します。

最初の機能は注釈の統合です。これにより、データオブジェクトのラベルの精度は向上します。複数のワーカーの注釈タスクの結果を 1 つの忠実度の高いラベルにまとめます。

2 番目の機能は自動データラベリングです。この機能では、機械学習を使用して、人間のワーカーに送信せずに、データの一部に自動的にラベルを付けます。