Ground Truth を使用するための IAM アクセス権限を割り当てる - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Ground Truth を使用するための IAM アクセス権限を割り当てる

このセクションのトピックでは、AWS Identity and Access Management (IAM) 管理ポリシーとカスタムポリシーを使用して Ground Truth と関連リソースへのアクセスを管理する方法について説明します。

このページのセクションを使用して、次のことを学習できます。

  • ラベル付けジョブを作成するためのアクセス許可を IAM ユーザーまたはロールに付与する IAM ポリシーを作成する方法。管理者は IAM ポリシーを使用して Amazon へのアクセスを制限できます SageMaker その他AWSGround Truth に固有のサービス。

  • の作成方法 SageMaker 実行ロール。実行ロールは、ラベル付けジョブの作成時に指定するロールです。ロールは、ラベル付けジョブを開始および管理する際に使用されます。

このページにあるトピックの概要を以下に示します。

  • Ground Truth の使用を開始する場合、またはユースケースに詳細なアクセス許可を必要としない場合は、「Ground Truth で IAM 管理ポリシーを使用する」で説明されている IAM 管理ポリシーを使用することをお勧めします。

  • Ground Truth コンソールの使用に必要なアクセス許可の詳細については、「Amazon を使用するアクセス許可をIAM に付与する SageMaker Ground Truth」を参照してください。このセクションでは、プライベートワークチームの作成と変更、ベンダーワークチームのサブスクリプション、カスタムラベル付けワークフローの作成を行うアクセス許可を IAM エンティティに付与するポリシーの例を示します。

  • ラベル付けジョブを作成する際、実行ロールを指定する必要があります。「の作成 SageMaker Ground Truth ラベル付けJob の実行ロール」を使用して、このロールに必要なアクセス許可について確認します。