動画フレーム入力データ - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

動画フレーム入力データ

動画フレームオブジェクト検出またはオブジェクト追跡のラベル付けジョブを作成するとき、入力データの動画ファイル (MP4 ファイル) または動画フレームを選択できます。すべてのワーカータスクは動画フレームを使用して作成されるため、動画ファイルを選択した場合は、Ground Truth フレーム抽出ツールを使用して、動画ファイルから動画フレーム (イメージ) を抽出します。

どちらのオプションにも、自動データ設定アマゾンのGround Truth セクションのオプション SageMaker コンソールを使用して Ground Truth と Amazon S3 の入力データ間の接続を設定し、ラベル付けタスクの作成時に入力データの検索先を Ground Truth が認識できるようにします。これにより、Amazon S3 入力データセットの場所に入力マニフェストファイルが作成、格納されます。詳細については、動画フレーム入力データの自動設定 を参照してください。

または、ラベルを付ける動画フレームのシーケンスごとに手動でシーケンスファイルを作成し、source-ref キーを使用して、これらの各シーケンスファイルを参照する入力マニフェストファイルの Amazon S3 の場所を指定することもできます。詳細については、動画フレームの入力マニフェストファイルを作成する を参照してください。