開発者ガイド-AWS SDK for Java 2.x - AWS SDK for Java 2.x

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

開発者ガイド-AWS SDK for Java 2.x

AWS SDK for Java には、AWS のサービス 用の Java API が用意されています。この SDK を使用すると、Amazon S3、Amazon EC2、DynamoDB などで動作する Java アプリケーションを構築できます。

AWS SDK for Java 2.x は、1.x コードベースより大幅に変更されています。本バージョンは Java 8 以降に構築されており、要望の声が高い機能が複数追加されています。これらには、ノンブロッキングI/Oのサポートや、実行時に別のHTTP実装をプラグインする機能が含まれます。

AWS SDK for Java には、新しいサービスのサポートが定期的に追加されています。特定のバージョンにおける変更点や機能の一覧は、「変更ログ」を表示してください。

SDK の使用を開始する

SDK を実際に使用する準備ができている場合は、チュートリアルに従ってください。AWS SDK for Java 2.x の使用を開始する

開発環境を設定するには、を参照してくださいAWS SDK for Java2.x のセットアップ

現在、のバージョン 1.x を使用している場合はSDK for Java、「バージョン 2 への移行」で具体的なガイダンスを確認してください。

、AWS のサービスなどへのリクエストの詳細についてはAmazon S3DynamoDB、「の使用方法」Amazon EC2 および「使用方法」を参照してくださいAWS のサービス。SDK for Java

モバイルアプリケーションの開発

モバイルアプリ開発者の場合は、Amazon Web ServicesAWS Amplifyフレームワークを提供します。詳細については、Amplify のドキュメント を参照してください。

SDK メジャーバージョンのメンテナンスとサポート

SDK メジャーバージョンのメンテナンスとサポート、およびその基礎となる依存関係については、SDK AWSとツール共有設定および認証情報リファレンスガイドの以下を参照してください

その他のリソース

このガイドに加えて、以下の AWS SDK for Java 開発者のための貴重なオンラインリソースもあります。

SDK のバージョン 2 にはまだ含まれていない機能

まだ2.xにない追加機能の詳細については、GitHub以下の問題を参照してください。コメントやフィードバックをお送りください。

この SDK への貢献

また、開発者は、次のチャネルを使用してフィードバックを送信することができます。