AWS SDK for Java
開発者ガイド

例外処理

AWS SDK for Java によって例外がスローされる仕組みとタイミングを理解することは、SDK を使用して高品質なアプリケーションを構築するために重要なことです。以下のセクションでは、SDK によってスローされる例外のさまざまなケース、および例外の適切な処理方法について説明します。

非チェック例外を使用する理由

AWS SDK for Java では、次の理由で、チェック例外ではなく実行時例外 (非チェック例外) が使用されます。

  • 懸念がない場合には例外ケースの処理を強制的に適用せずに (さらにコードを冗長にすることなく)、開発者がエラーを細かく制御できるようにするため。

  • サイズの大きいアプリケーションで、チェック例外に関連する拡張性の問題が発生するのを防ぐため。

一般的に、チェック例外は小規模なアプリケーションでは役立ちますが、アプリケーションのサイズが大きくなり、複雑化すると、チェック例外が問題となる場合があります。

チェック例外と非チェック例外の使用方法の詳細については、以下を参照してください。

AmazonServiceException (およびサブクラス)

AmazonServiceException は、AWS SDK for Java を使用する場合に最も多く発生する例外です。この例外は、AWS のサービスからのエラーレスポンスを表します。たとえば、存在しない Amazon EC2 インスタンスを終了しようとすると、EC2 からエラーレスポンスが返り、そのエラーレスポンスの詳細はすべて、スローされる AmazonServiceException に含まれます。場合によっては、AmazonServiceException のサブクラスがスローされ、開発者は catch ブロックを使用して、エラーケースの処理を細かく制御できるようになります。

AmazonServiceException が発生した場合、リクエストは AWS サービスに適切に送信されましたが、正常に処理できませんでした。これは、リクエストのパラメータに含まれるエラーまたはサービス側の問題が原因です。

AmazonServiceException では次のような情報がわかります。

  • 返された HTTP ステータスコード

  • 返された AWS エラーコード

  • サービスからの詳細なエラーメッセージ

  • 失敗したリクエストの AWS リクエスト ID

AmazonServiceException には、失敗したリクエストが呼び出し元のエラー (無効な値を含むリクエストなど) であるか、AWS のサービス側のエラー (内部サービスエラーなど) であるかに関する情報も含まれています。

AmazonClientException

AmazonClientException は、AWS にリクエストを送信しようとしたとき、または AWS からのレスポンスを解析しようとしたときに、Java クライアントコード内で問題が発生したことを示しています。AmazonClientException は、一般的に AmazonServiceException よりも深刻な例外で、クライアントが AWS のサービスに対するサービス呼び出しを実行できないという重大な問題を示しています。たとえば、いずれかのクライアントでオペレーションを呼び出そうとしたときに、ネットワーク接続が利用できない場合、AWS SDK for Java は AmazonClientException をスローします。