デベロッパーガイド - AWS SDK for Java 1.x - AWS SDK for Java 1.x

AWS SDK for Java (v1) の近日発表 end-of-support しました。AWS SDK for Java v2 に移行することをお勧めします。日付、その他の詳細、移行方法については、リンク先の発表内容を参照してください。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

デベロッパーガイド - AWS SDK for Java 1.x

AWS SDK for Java は AWSのサービス用の Java API を提供します。この SDK を使用すると、Amazon S3、Amazon EC2、DynamoDB などで動作する Java アプリケーションを簡単に構築できます。AWS SDK for Java には、新しいサービスのサポートが定期的に追加されています。サポートされるサービスと、SDK の各リリースに含まれる API バージョンのリストについては、使用しているバージョンのリリースノートを参照してください。

SDK のバージョン 2 をリリースしました

https://github.com/aws/aws-sdk-java-v2/ で新しい AWS SDK for Java 2.x をご覧ください。HTTP 実装をプラグインする方法など、待望の機能が含まれています。開始するには、「AWS SDK for Java 2.x のデベロッパーガイド」を参照してください。

その他のドキュメントとリソース

このガイドに加えて、以下の AWS SDK for Java 開発者のための貴重なオンラインリソースもあります。

Eclipse IDE サポート

Eclipse IDE を使用してコードを開発する場合は、AWS Toolkit for Eclipse を使用して、既存の Eclipse プロジェクトに AWS SDK for Java を追加したり、新しい AWS SDK for Java プロジェクトを作成したりできます。このツールキットでは、Lambda 関数の作成およびアップロード、Amazon EC2 インスタンスの起動およびモニタリング、IAM ユーザーおよびセキュリティグループの管理、AWS CloudFormation テンプレートエディタなどもサポートされています。

詳細なドキュメントについては、「AWS Toolkit for Eclipse ユーザーガイド」を参照してください。

Android 向けアプリケーションの開発

Amazon Web Services では、Android 開発者向けに、Android 開発専用の SDK である Amplify Android (AWS Mobile SDK for Android) を提供しています。

SDK の改訂履歴の表示

SDK バージョンごとの変更とサポートされるサービスを含む、AWS SDK for Java のリリース履歴を確認するには、SDK のリリースノートを参照してください。

旧バージョンの SDK 用の Java リファレンスドキュメントのビルド

AWS SDK for Java API リファレンスは、SDK のバージョン 1.x の最新ビルドを表しています。1.x バージョンの旧ビルドを使用している場合、使用しているバージョンに合った SDK リファレンスドキュメントにアクセスできます。

ドキュメントをビルドする最も簡単な方法は、Apache の Maven ビルドツールを使用することです。システムに Maven がインストールされていない場合は、まず Maven をダウンロードしてインストールして、以下の手順に従ってリファレンスドキュメントをビルドします。

  1. GitHub の SDK リポジトリの [Releases] ページで、使用している SDK バージョンを見つけて選択します。

  2. zip (Windows を含むほとんどのプラットフォーム) または tar.gz (Linux、macOS、または Unix) のいずれかのリンクを選択し、SDK を自分のコンピュータにダウンロードします。

  3. そのアーカイブをローカルディレクトリに解凍します。

  4. コマンドラインで、アーカイブを解凍したディレクトリに移動して以下のコマンドを入力します。

    mvn javadoc:javadoc
  5. ビルドが完了すると、aws-java-sdk/target/site/apidocs/ ディレクトリに HTML ドキュメントが生成されています。