Gradle とともに SDK を使用する - AWS SDK for Java

Amazon Web Services(AWS)では、製品を改善し、より良いカスタマーエクスペリエンスを提供する方法を見つけることに重点を置いています。そのためには、お客様のフィードバックが必要です。Java Spring での経験と AWS との統合の必要性に関する洞察を 5 分ほどお待ちください。

クイック調査を行うにはここをクリック

このアンケートは外部企業(Qualtrics)が主催しているため、上記のリンクは当社のウェブサイトにつながっていません。AWS は、このアンケートで収集したデータを所有しており、収集した情報や結果をアンケート回答者と共有することはありません。AWS はお客様の情報を処理します。詳細については、」AWS プライバシーに関する通知

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Gradle とともに SDK を使用する

Gradle プロジェクトの SDK 依存関係を管理するには、AWS SDK for Java の Maven BOM を build.gradle ファイルにインポートします。

注記

次の例では、ビルドファイルの 1.11.X を有効なバージョンの AWS SDK for Java に置き換えます。AWS SDK for Java 1.11.x リファレンスで最新バージョンを見つけます。

Gradle 4.6 以降のプロジェクト設定

Gradle 4.6 以降、BOM で依存関係を宣言することにより、Gradle の改善された POM サポート機能を使用して部品表 (BOM) ファイルをインポートできます。

Gradle 4.6 以上用 AWS SDK for Java を設定するには

  1. Gradle 5.0 以降を使用している場合は、ステップ 2 に進みます。それ以外の場合は、[] をクリックします。UPPORT_POM_SUPPORT機能のsettings.gradleファイルを開きます。

    enableFeaturePreview('IMPROVED_POM_SUPPORT')
  2. BOM をdependenciesの セクションbuild.gradleファイルを開きます。

    ... dependencies { implementation platform('com.amazonaws:aws-java-sdk-bom:1.11.X') // Declare individual SDK dependencies without version ... }
  3. dependencies セクションで使用する SDK モジュールを指定します。たとえば、次の例には Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) の依存関係が含まれています。

    ... dependencies { implementation 'com.amazonaws:aws-java-sdk-s3' ... }

Gradle は BOM の情報を使用して、正しいバージョンの SDK 依存関係を自動的に解決します。

以下に、Amazon S3 の依存関係を含む完全な build.gradle ファイルの例を示します。

group 'aws.test' version '1.0-SNAPSHOT' apply plugin: 'java' sourceCompatibility = 1.8 repositories { mavenCentral() } dependencies { implementation platform('com.amazonaws:aws-java-sdk-bom:1.11.X') implementation 'com.amazonaws:aws-java-sdk-s3' testCompile group: 'junit', name: 'junit', version: '4.11' }
注記

前の例で、Amazon S3 の依存関係を、プロジェクトで使用する AWS のサービスの依存関係に置き換えます。AWS SDK for Java BOM によって管理されるモジュール (依存関係) は、Maven 中央リポジトリ (https://mvnrepository.com/artifact/com.amazonaws/aws-java-sdk-bom/latest) に一覧表示されます。

4.6 より前の Gradle バージョンのプロジェクト設定

4.6 より前の Gradle バージョンでは、ネイティブ BOM がサポートされていません。プロジェクトの AWS SDK for Java 依存関係を管理するには、Spring の Gradle 用依存関係管理プラグインを使用して、SDK の Maven BOM をインポートします。

4.6 より前のバージョンの Gradle 用に SDK を設定するには

  1. build.gradle ファイルに依存関係管理プラグインを追加します。

    buildscript { repositories { mavenCentral() } dependencies { classpath "io.spring.gradle:dependency-management-plugin:1.0.9.RELEASE" } } apply plugin: "io.spring.dependency-management"
  2. ファイルの dependencyManagement セクションに BOM を追加します。

    dependencyManagement { imports { mavenBom 'com.amazonaws:aws-java-sdk-bom:1.11.X' } }
  3. dependencies セクションで使用する SDK モジュールを指定します。たとえば次の例には、Amazon S3 の依存関係が含まれています。

    dependencies { compile 'com.amazonaws:aws-java-sdk-s3' }

Gradle は BOM の情報を使用して、正しいバージョンの SDK 依存関係を自動的に解決します。

以下に、Amazon S3 の依存関係を含む完全な build.gradle ファイルの例を示します。

group 'aws.test' version '1.0' apply plugin: 'java' sourceCompatibility = 1.8 repositories { mavenCentral() } buildscript { repositories { mavenCentral() } dependencies { classpath "io.spring.gradle:dependency-management-plugin:1.0.9.RELEASE" } } apply plugin: "io.spring.dependency-management" dependencyManagement { imports { mavenBom 'com.amazonaws:aws-java-sdk-bom:1.11.X' } } dependencies { compile 'com.amazonaws:aws-java-sdk-s3' testCompile group: 'junit', name: 'junit', version: '4.11' }
注記

前の例で、Amazon S3 の依存関係を、プロジェクトで使用する AWS のサービスの依存関係に置き換えます。AWS SDK for Java BOM によって管理されるモジュール (依存関係) は、Maven 中央リポジトリ (https://mvnrepository.com/artifact/com.amazonaws/aws-java-sdk-bom/latest) に一覧表示されます。

BOM を使用した SDK の依存関係の指定の詳細については、Apache Maven とともに SDK を使用するを参照してください。