Gradle とともに SDK を使用する - AWS SDK for Java

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Gradle とともに SDK を使用する

Gradle プロジェクトの SDK 依存関係を管理するには、AWS SDK for Java の Maven BOM を build.gradle ファイルにインポートします。

注記

以下の例では、1.12.1ビルドファイルの有効なバージョンのに置き換えます。AWS SDK for Java。最新バージョンは AWS SDK for Java1.x リファレンス

Gradle 4.6 以降のプロジェクト設定

Gradle 4.6 以降、BOM で依存関係を宣言することにより、Gradle の改善された POM サポート機能を使用して部品表 (BOM) ファイルをインポートできます。

  1. Gradle 5.0 以降を使用している場合は、ステップ 2 に進みます。それ以外の場合は、UPPORT_POM_SUPPORT機能のsettings.gradleファイルを開きます。

    enableFeaturePreview('IMPROVED_POM_SUPPORT')
  2. BOM をdependenciesの セクションbuild.gradleファイルを開きます。

    ... dependencies { implementation platform('com.amazonaws:aws-java-sdk-bom:1.11.1000') // Declare individual SDK dependencies without version ... }
  3. dependencies セクションで使用する SDK モジュールを指定します。たとえば、次の例には Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) の依存関係が含まれています。

    ... dependencies { implementation 'com.amazonaws:aws-java-sdk-s3' ... }

Gradle は BOM の情報を使用して、正しいバージョンの SDK 依存関係を自動的に解決します。

以下に、Amazon S3 の依存関係を含む完全な build.gradle ファイルの例を示します。

group 'aws.test' version '1.0-SNAPSHOT' apply plugin: 'java' sourceCompatibility = 1.8 repositories { mavenCentral() } dependencies { implementation platform('com.amazonaws:aws-java-sdk-bom:1.11.1000') implementation 'com.amazonaws:aws-java-sdk-s3' testCompile group: 'junit', name: 'junit', version: '4.11' }
注記

前の例では、依存関係を置き換えます。Amazon S3の依存関係でAWSサービスをプロジェクトで使用します。AWS SDK for Java BOM によって管理されるモジュール (依存関係) は、Maven 中央リポジトリ (https://mvnrepository.com/artifact/com.amazonaws/aws-java-sdk-bom/latest) に一覧表示されます。

4.6 より前の Gradle バージョンのプロジェクト設定

4.6 より前の Gradle バージョンでは、ネイティブ BOM がサポートされていません。プロジェクトの AWS SDK for Java 依存関係を管理するには、Spring の Gradle 用依存関係管理プラグインを使用して、SDK の Maven BOM をインポートします。

  1. build.gradle ファイルに依存関係管理プラグインを追加します。

    buildscript { repositories { mavenCentral() } dependencies { classpath "io.spring.gradle:dependency-management-plugin:1.0.9.RELEASE" } } apply plugin: "io.spring.dependency-management"
  2. ファイルの dependencyManagement セクションに BOM を追加します。

    dependencyManagement { imports { mavenBom 'com.amazonaws:aws-java-sdk-bom:1.11.1000' } }
  3. dependencies セクションで使用する SDK モジュールを指定します。たとえば次の例には、Amazon S3 の依存関係が含まれています。

    dependencies { compile 'com.amazonaws:aws-java-sdk-s3' }

Gradle は BOM の情報を使用して、正しいバージョンの SDK 依存関係を自動的に解決します。

以下に、Amazon S3 の依存関係を含む完全な build.gradle ファイルの例を示します。

group 'aws.test' version '1.0' apply plugin: 'java' sourceCompatibility = 1.8 repositories { mavenCentral() } buildscript { repositories { mavenCentral() } dependencies { classpath "io.spring.gradle:dependency-management-plugin:1.0.9.RELEASE" } } apply plugin: "io.spring.dependency-management" dependencyManagement { imports { mavenBom 'com.amazonaws:aws-java-sdk-bom:1.11.1000' } } dependencies { compile 'com.amazonaws:aws-java-sdk-s3' testCompile group: 'junit', name: 'junit', version: '4.11' }
注記

前の例では、依存関係を置き換えます。Amazon S3の依存関係でAWSサービスは、プロジェクトで使用します。AWS SDK for Java BOM によって管理されるモジュール (依存関係) は、Maven 中央リポジトリ (https://mvnrepository.com/artifact/com.amazonaws/aws-java-sdk-bom/latest) に一覧表示されます。

BOM を使用した SDK の依存関係の指定の詳細については、Apache Maven とともに SDK を使用するを参照してください。