コードをSDK for SDK に移行します JavaScript V3 - AWS SDK for JavaScript

-AWS SDK for JavaScript[V3 API ReGuide]のすべての API 操作を詳細に説明しますAWS SDK for JavaScriptバージョン 3 (V3)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

コードをSDK for SDK に移行します JavaScript V3

向け SDK への移行パスは何通りかあります JavaScript バージョン3 (V3)。V3 の容量削減の可能性を最大限に活用するには、パス 3 の使用をお勧めします。

重要

AWS SDK for JavaScriptバージョン 3 (v3) は、クライアント設定およびユーティリティ用の最新インターフェイスも付属していて、認証情報、Amazon S3 マルチパートアップロード、DynamoDB ドキュメントクライアント、ウェイターなどが含まれます。v2 の変更内容と、各変更に相当するv3の変更内容は、の移行ガイドAWS SDK for JavaScript GitHub レポ

Path 1

最小限の変更を実行します

  • 特定のAWSの必要なサービスパッケージのみをインストールします

  • V3サービスクライアントを作成して使用し、地域などのグローバル構成値の使用を、クライアントに引数として渡される構成値に置き換えます。

    注記

    環境変数、共有のconfigファイルを使用してAWS地域を設定できます。詳細については[ Setting credentials in Node.js ]を参照してください。

Path 2

パス 1 に従い、V3では不要な.promiseを削除します。

Path 3

パス 1 に従い、非同期/待機プログラミングモデルを使用します。

重要

からの重要な変更についての情報AWS SDK for JavaScriptv2 to v3、見てくださいアップグレードに関する注意 (2.x から 3.x へ)オン GitHub。

以下のセクションで、これらのパスについて例をあげながら詳しく説明します。

パス 1 の例

次のコードは、AWSAmazon S3 のサービスパッケージをインストールします。

npm install @aws-sdk/client-s3

次のコードは Amazon S3 サービスをロードします。

import {S3} from '@aws-sdk/client-s3';
注記

このアプローチを使用するには、サービスクライアントだけでなく、AWSの場合は完全なS3サービスパッケージをインポートする必要があります。

次のコードは、us-west-2地域のAmazon S3 サービスオブジェクトを作成します。

const client = new S3({region: 'us-west-2'});

次のコードは、V2 の次の構文を使用して、コールバック関数を使用して Amazon S3 バケットを作成します。

client.command(parameters)
import {S3} from '@aws-sdk/client-s3'; const client = new S3({region: 'us-west-2'}); const bucketParams = { Bucket : BUCKET_NAME }; function run(){ client.createBucket(bucketParams, function(err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data.Location); } }) }; run();

パス 2 の例

ここは、promiseを使用したV2の関数呼び出しです

const data = await v2client.command(params).promise()

ここは、V3バージョンです。

const data = await v3client.command(params)

パス 3 の例

次のコマンドは、AWSのAmazon S3 サービスパッケージをインストールします。

npm install @aws-sdk/client-s3;

次のコードは、Amazon S3クライアントのみをロードし、オーバーヘッドを削減します。

import {S3Client, CreateBucketCommand} from '@aws-sdk/client-s3';

パッケージのクライアントのみをインストールする場合は、使用したい V3 コマンドもインポートする必要があります。この場合、コードはAmazon S3 バケットを作成できるCreateBucketCommandをインポートします。プロジェクトのnode-modules/@aws-sdk/client-PACKAGE_NAME/commandsフォルダーで利用可能なコマンドを参照できます。

次のコードは、us-west-2地域にAmazon S3 サービスのクライアントオブジェクトを作成します。

const client = new S3Client({region: 'us-west-2'});

推奨される非同期/待機パターンを使用してインポートされたコマンドを呼び出すには、使用するコマンドをインポートし、次の構文を使用してコマンドを実行する必要があります。

CLIENT.send(newXXXCommand)

次の例では、非同期/待機パターンを使用してAmazonS3バケットを作成し、AmazonS3サービスパッケージのクライアントのみを使用してオーバーヘッドを削減します。

import {S3Client, CreateBucketCommand} from '@aws-sdk/client-s3'; const client = new S3Client({region: 'us-west-2'}); const bucketParams = { Bucket : BUCKET_NAME }; (async function () { try{ const data = await client.send(new CreateBucketCommand(bucketParams)); console.log("Success", data); } catch (err) { console.log("Error", err); } })();

その他の例については、「向け SDK JavaScript コードの例」を参照してください。