を作成するAWSアカウントおよび認証情報 - AWS SDK for .NET(バージョン 3)

このコンテンツは、.NET FrameworkおよびASP.NET 4.x。WindowsとVisual Studioをカバーしている。

の使用.NET CoreまたはASP.NET Core? のコンテンツに移動しますバージョン 3.5 以降のAWS SDK for .NET。WindowsやVisual Studioに加えて、クロスプラットフォーム開発についても扱う。

こんにちはAWS.NET コミュニティ! あなたの経験を共有し、私たちがAWS SDK for .NETとその学習リソースアンケート。この調査には約 10 分かかります。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を作成するAWSアカウントおよび認証情報

を使用するにはAWS SDK for .NETにアクセスするにはAWSのサービスを使用するには、AWSアカウントとAWS認証情報。のセキュリティを強化するにはAWSアカウントを使用するには、IAM ユーザールートアカウントの認証情報を使用する代わりに、アクセス認証情報を指定します。

  • を作成するにはAWSアカウントの詳細については、Amazon Web Services 新規アカウントを作成してアクティブ化する方法を教えてください。

  • サービスへのアクセスには、root ユーザーアカウント (作成した初期アカウント) を使用しないでください。代わりに、「最初の IAM 管理者のユーザーおよびグループの作成」で説明されているように、管理ユーザーアカウントを作成します。管理ユーザーアカウントを作成してログインの詳細を記録したら、ルートユーザーアカウントからサインアウトし、管理者アカウントを使用して再度サインインします。

  • このガイドの多くのタスクや例を実行するには、アクセスするために、ユーザーアカウントのアクセスキーが必要です。AWSサービスをプログラムで使用します。既存のユーザーのアクセスキーを作成するには、「アクセスキーの管理 (コンソール)」を参照してください。または、ユーザーの作成時にアクセスキーを作成することもできます。ユーザーを作成するときに、アクセスのタイププログラムによるアクセスの代わりに(またはに加えて)AWS Management Consoleアクセス

  • アカウントを解約するにはAWSアカウントの詳細については、アカウントの解約

証明書およびセキュリティの処理方法に関する詳細は、IAM のベストプラクティスとユースケース()IAM ユーザーガイド