AWS のアカウントと認証情報を作成する - AWS SDK for .NET (バージョン3)

本書は、 AWS SDK for .NET、主に.NET FrameworkとASP.NET 4が中心になります。x、Windows、および Visual Studio。

の最新バージョンのドキュメント https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-net/最新/開発者ガイド/ は、主に.NET CoreとASP.NET Coreを中心としています。Windows や Visual Studio に加え、クロス・プラットフォームの開発も同じように考慮されます。

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

AWS のアカウントと認証情報を作成する

AWS SDK for .NET を使用して AWS のサービスにアクセスするには、AWS アカウントと AWS 認証情報が必要です。AWS アカウントのセキュリティを高めるため、IAM ユーザーを使用して、ルートアカウント認証情報を使用する代わりにアクセス認証情報を提供することをお勧めします。

  • AWS アカウントを作成する方法については、「アマゾン ウェブ サービスの新規アカウントを作成してアクティブ化する方法を教えてください」を参照してください。

  • サービスへのアクセスには、root ユーザーアカウント (作成した初期アカウント) を使用しないでください。代わりに、「最初の IAM 管理者のユーザーおよびグループの作成」で説明されているように、管理ユーザーアカウントを作成します。管理ユーザーアカウントを作成してログインの詳細を記録したら、ルートユーザーアカウントからサインアウトし、管理者アカウントを使用して再度サインインします。

  • このガイドの多くのタスクや例を実行するには、AWS のサービスにプログラムからアクセスするために、ユーザーアカウントのアクセスキーが必要です。既存のユーザーのアクセスキーを作成するには、「アクセスキーの管理 (コンソール)」を参照してください。または、ユーザーの作成時にアクセスキーを作成することもできます。ユーザーの作成時に、 アクセスタイプ / プログラムによるアクセス 代わりに(または追加して) AWS Management Consoleアクセス.

  • AWS アカウントを解約するには、「アカウントの解約」を参照してください。

証明書とセキュリティの処理方法についての詳細は、「 IAMのベストプラクティスとユースケースIAM ユーザーガイド