AWS SDK for .NET でサポートされているプラットフォーム - AWS SDK for .NET

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK for .NET でサポートされているプラットフォーム

AWS SDK for .NET には、さまざまなプラットフォームを対象とする開発者向けに、異なるアセンブリのグループが用意されています。ただし、SDK のすべての機能がそれぞれのプラットフォームで同一というわけではありません。このトピックでは、各プラットフォームでのサポートに違いについて説明します。

.NET Core

-AWS SDK for .NETは、.NET Core 3.1、.NET 5、.NET 6 など) の環境で作成されたアプリケーションをサポートしています。AWSサービスクライアントは、NET Core の非同期の呼び出しパターンのみをサポートしています。これは、Amazon S3 ののようなサービスクライアントの環境で構築された高レベルの抽象化の多くにも影響します。TransferUtilityこれは、.NET Core 環境での非同期呼び出しのみをサポートします。

.NET Standard 2.0

AWS SDK for .NET の非 Framework バリエーションは .NET Standard 2.0 に準拠しています。-AWS SDK for .NETは、.NET Standard に対して記述されたアプリケーションに対して非同期メソッドのみを提供します。

.NET Framework 4.5

このバージョンの AWS SDK for .NET は、.NET Framework 4.5 でコンパイルされ、.NET 4.0 ランタイムで実行されます。AWS サービスクライアントは、同期または非同期の呼び出しパターンをサポートし、C# 5.0 で導入された async および await キーワードを使用します。

.NET Framework 3.5

このバージョンの AWS SDK for .NET は、.NET Framework 3.5 でコンパイルされ、.NET 2.0 または .NET 4.0 ランタイムで実行されます。AWS サービスクライアントは、同期または非同期の呼び出しパターンをサポートし、従来の Begin および End パターンを使用します。

注記

AWS SDK for .NET は、CLR のバージョン 2.0 でビルドされたアプリケーションで使用する場合には、連邦情報処理規格 (FIPS) に準拠していません。その環境で FIPS 準拠の実装を置き換える方法の詳細については、を参照してください。CryptoConfigマイクロソフトのブログとclr セキュリティチームのHMACSHA256クラス (HmacSHA256CNG) はセキュリティー.cryptography.dllにあります。

ポータブルクラスライブラリと Xamarin

AWS SDK for .NET には、ポータブルクラスライブラリの実装も含まれています。ポータブルクラスライブラリの実装では、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) や、Android と iOS の Xamarin など、複数のプラットフォームを対象にすることができます。詳細については、Mobile SDK for .NET and Xamarin を参照してください。AWS サービスクライアントは、非同期の呼び出しパターンのみをサポートしています。

Unity のサポート

Unity のサポートについては、「Unity のサポートに関する特別な考慮事項」を参照してください。

詳細情報

バージョン 3.5 の AWS SDK for .NET への移行