を使用した Amazon EC2 のリージョンとアベイラビリティーゾーンの使用AWSSDK for PHP バージョン 3 - AWSSDK for PHP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Amazon EC2 のリージョンとアベイラビリティーゾーンの使用AWSSDK for PHP バージョン 3

Amazon EC2 は、世界各地のロケーションでホスティングされています。これらのロケーションは、AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンから構成されています。各リージョンは地理的に離れた領域です。1 つのリージョンには複数の独立したロケーションがあり、アベイラビリティーゾーンと呼ばれます。Amazon EC2 では、複数のロケーションにインスタンスとデータを配置することができます。

以下の例では、次の方法を示しています。

  • DescribeAvailabilityZones を使用して、ユーザーが利用可能なアベイラビリティーゾーンを記述します。

  • を記述AWSを使用して現在使用可能なリージョンDescribeRegions

用のすべてのサンプルコードはAWSSDK for PHP バージョン 3GitHub で。

Credentials

サンプルコードを実行する前に、AWS「」の説明に従っての認証情報AWSSDK for PHP バージョン 3。次にをインポートします。AWSSDK for PHP (」の基本的な使用パターンAWSSDK for PHP バージョン 3

アベイラビリティーゾーンの記述

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Ec2\Ec2Client;

サンプルコード

$ec2Client = new Aws\Ec2\Ec2Client([ 'region' => 'us-west-2', 'version' => '2016-11-15', 'profile' => 'default' ]); $result = $ec2Client->describeAvailabilityZones(); var_dump($result);

リージョンの記述

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Ec2\Ec2Client;

サンプルコード

$ec2Client = new Aws\Ec2\Ec2Client([ 'region' => 'us-west-2', 'version' => '2016-11-15', 'profile' => 'default' ]); $result = $ec2Client->describeRegions(); var_dump($result);