での IAM アカウントエイリアスの使用AWSSDK for PHP バージョン 3 - AWSSDK for PHP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

での IAM アカウントエイリアスの使用AWSSDK for PHP バージョン 3

サインインページの URL に、のではなく企業の名前または他のわかりやすい識別子を含める場合AWSアカウント ID を使用すると、のエイリアスを作成できます。AWSアカウント ID。AWS アカウントエイリアスを作成すると、サインインページの URL は変更され、エイリアスが組み込まれます。

以下の例では、次の方法を示しています。

用のすべてのサンプルコードはAWSSDK for PHP バージョン 3 の利用GitHub で

Credentials

サンプルコードを実行する前に、AWS「」の説明に従っての認証情報AWSSDK for PHP バージョン 3。次にをインポートします。AWSSDK for PHP (基本的な使用パターンAWSSDK for PHP バージョン 3

エイリアスの作成

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Iam\IamClient; use Aws\Exception\AwsException;

サンプルコード

$client = new IamClient([ 'profile' => 'default', 'region' => 'us-west-2', 'version' => '2010-05-08' ]); try { $result = $client->createAccountAlias(array( // AccountAlias is required 'AccountAlias' => 'string', )); var_dump($result); } catch (AwsException $e) { // output error message if fails error_log($e->getMessage()); }

アカウントエイリアスを一覧表示する

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Iam\IamClient; use Aws\Exception\AwsException;

サンプルコード

$client = new IamClient([ 'profile' => 'default', 'region' => 'us-west-2', 'version' => '2010-05-08' ]); try { $result = $client->listAccountAliases(); var_dump($result); } catch (AwsException $e) { // output error message if fails error_log($e->getMessage()); }

エイリアスを削除する

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Iam\IamClient; use Aws\Exception\AwsException;

サンプルコード

$client = new IamClient([ 'profile' => 'default', 'region' => 'us-west-2', 'version' => '2010-05-08' ]); try { $result = $client->deleteAccountAlias(array( // AccountAlias is required 'AccountAlias' => 'string', )); var_dump($result); } catch (AwsException $e) { // output error message if fails error_log($e->getMessage()); }