Amazon SQS での可視性タイムアウトの管理AWSSDK for PHP バージョン 3 - AWSSDK for PHP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SQS での可視性タイムアウトの管理AWSSDK for PHP バージョン 3

可視性タイムアウトは、Amazon SQS によって他の消費コンポーネントがそのメッセージを受信および処理できなくなる期間です。詳細については、「可視性タイムアウト」を参照してください。

以下の例では、次の方法を示しています。

  • ChangeMessageVisibilityBatch を使用した、キュー内指定メッセージの可視性タイムアウトの新しい値への変更。

用のすべてのサンプルコードはAWSSDK for PHP バージョン 3GitHub で

Credentials

サンプルコードを実行する前に、AWSの認証情報については、」の認証情報AWSSDK for PHP バージョン 3。次にをインポートします。AWSSDK for PHP (の基本的な使用パターンAWSSDK for PHP バージョン 3

複数メッセージの可視性タイムアウトの変更

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Sqs\SqsClient; use Aws\Exception\AwsException;

サンプルコード

$queueUrl = "QUEUE_URL"; $client = new SqsClient([ 'profile' => 'default', 'region' => 'us-west-2', 'version' => '2012-11-05' ]); try { $result = $client->receiveMessage(array( 'AttributeNames' => ['SentTimestamp'], 'MaxNumberOfMessages' => 10, 'MessageAttributeNames' => ['All'], 'QueueUrl' => $queueUrl, // REQUIRED )); $messages = $result->get('Messages'); if ($messages != null) { $entries = array(); for ($i = 0; $i < count($messages); $i++) { array_push($entries, [ 'Id' => 'unique_is_msg' . $i, // REQUIRED 'ReceiptHandle' => $messages[$i]['ReceiptHandle'], // REQUIRED 'VisibilityTimeout' => 3600 ]); } $result = $client->changeMessageVisibilityBatch([ 'Entries' => $entries, 'QueueUrl' => $queueUrl ]); var_dump($result); } else { echo "No messages in queue \n"; } } catch (AwsException $e) { // output error message if fails error_log($e->getMessage()); }