Amazon Macie コントロール - AWS Security Hub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Macie コントロール

これらのコントロールは Macie リソースに関連しています。

これらのコントロールは、 AWS リージョン一部では使用できない場合があります。詳細については、「リージョン別のコントロールの可用性」を参照してください。

[Macie.1] Amazon Macie が有効になっているはずです

関連する要件: NIST.800-53.r5 CA-7、NIST.800-53.r5 CA-9(1)、NIST.800-53.r5 RA-5、NIST.800-53.r5 SA-8(19)、NIST.800-53.r5 SI-4

カテゴリ: 検出 > 検出サービス

重要度:

リソースタイプ: AWS::::Account

AWS Config ルール: macie-status-check

スケジュールタイプ: 定期的

このコントロールは、アカウントで Amazon Macie が有効になっているかどうかをチェックします。アカウントに対して Macie が有効になっていない場合、コントロールは失敗します。

Amazon Macie は、機械学習とパターンマッチングを使用して機密データを検出し、データセキュリティリスクを可視化し、それらのリスクに対する自動保護を可能にします。Macie は、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットのセキュリティとアクセスコントロールを自動的かつ継続的に評価し、検出結果を生成して、Amazon S3 データのセキュリティまたはプライバシーに関する潜在的な問題について通知します。また、Macie は、Amazon S3 に保存している個人を特定できる情報 (PII) などの機密データを詳細に把握できるよう、そのようなデータの検出とレポートを自動化します。詳細については、「Amazon Macie ユーザーガイド」を参照してください。

修正

Macie を有効にするには、「Amazon Macie ユーザーガイド」の「Macie を有効化する」を参照してください。

[Macie.2] Macie の自動機密データ検出を有効にする必要があります

関連する要件: NIST.800-53.r5 CA-7、NIST.800-53.r5 CA-9(1)、NIST.800-53.r5 RA-5、NIST.800-53.r5 SA-8(19)、NIST.800-53.r5 SI-4

カテゴリ: 検出 > 検出サービス

重要度:

リソースタイプ: AWS::::Account

AWS Config ルール: macie-auto-sensitive-data-discovery-check

スケジュールタイプ: 定期的

このコントロールは、Amazon Macie 管理者アカウントで自動機密データ検出が有効になっているかどうかを確認します。Macie 管理者アカウントで機密データの自動検出が有効になっていない場合、コントロールは失敗します。このコントロールは管理者アカウントにのみ適用されます。

Macie は、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット内の個人識別情報 (PII) などの機密データの検出と報告を自動化します。機密データの自動検出により、Macie はバケットインベントリを継続的に評価し、サンプリング技術を使用してバケットから代表的な S3 オブジェクトを識別して選択します。次に Macie は選択したオブジェクトを分析し、機密データがないか検査します。分析が進むにつれて、Macie は S3 データに関して提供される統計、インベントリデータ、およびその他の情報を更新します。また、Macie は検出結果を生成して、検出した機密データを報告します。

修正

S3 バケット内のオブジェクトを分析する自動機密データ検出ジョブを作成および設定するには、Amazon Macie ユーザーガイドの 「アカウントの自動機密データ検出の設定」を参照してください。