AWS SAM リファレンス - AWS Serverless Application Model

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS SAM リファレンス

AWS SAM 仕様

この AWS SAM 仕様は、Apache 2.0 ライセンスのもとでのオープンソースの仕様です。AWS SAM 仕様の現行バージョンは、AWS サーバーレスアプリケーションモデル (AWS SAM)仕様. で入手できます。

AWS SAM テンプレートは AWS CloudFormation テンプレートの拡張です。AWS CloudFormation テンプレートの完全なリファレンスについては、「AWS CloudFormation テンプレートリファレンス.」を参照してください。

AWS SAM CLI コマンドリファレンス

AWS SAM CLI は、 AWS SAM テンプレートとアプリケーションコードで動作するコマンドラインツールです。AWS SAM CLI を使用すると、ローカルで Lambda 関数を呼び出す、サーバーレスアプリケーションのデプロイパッケージを作成する、サーバーレスアプリケーションを AWS クラウドにデプロイする、などを行うことができます。

AWS SAM CLI コマンドを使用して、サーバーレスアプリケーションを開発、テストして、AWS クラウドにデプロイできます。次に、AWS SAM CLI コマンドの例を示します。

  • sam init – 初回の AWS SAM CLI ユーザーの場合は、パラメータを指定せずに sam init コマンドを実行して、Hello World アプリケーションを作成できます。このコマンドは、選択した言語で事前設定済みの AWS SAM テンプレートとサンプルアプリケーションコードを生成します。

  • sam local invoke および sam local start-api – AWS クラウドにデプロイする前に、これらのコマンドを使用してローカルでアプリケーションコードをテストします。

  • sam logs – このコマンドを使用して、Lambda 関数によって生成されたログを取得します。これは、アプリケーションを AWS クラウドにデプロイした後、アプリケーションのテストおよびデバッグに役立ちます。

  • sam package – このコマンドを使用して、アプリケーションコードと依存関係を「デプロイパッケージ」にバンドルします。デプロイパッケージは、アプリケーションを AWS クラウドにアップロードするために必要です。

  • sam deploy – このコマンドを使用して、サーバーレスアプリケーションを AWS クラウドにデプロイします。AWS リソースを作成し、AWS SAM テンプレートで定義されているアクセス許可やその他の設定を設定します。

AWS SAM CLI のインストール方法についてはAWS SAM CLI のインストール、「」を参照してください。

AWS SAM ポリシーテンプレート

AWS SAM では、ポリシーテンプレートのリストから選択して、Lambda 関数のアクセス許可をアプリケーションが使用するリソースに絞り込むことができます。

Topics