Amazon Machine Learning のアクション、リソース、および条件キー - サービス認証リファレンス

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon Machine Learning のアクション、リソース、および条件キー

Amazon Machine Learning (サービスプレフィックス: machinelearning) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

Amazon Machine Learning で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用して、AWS でオペレーションを実行するアクセス許可を付与します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。

[リソースタイプ] 列は、各アクションがリソースレベルのアクセス許可をサポートしているかどうかを示します。この列に値がない場合は、ポリシーステートメントの Resource 要素ですべてのリソース (「*」) を指定する必要があります。列にリソースタイプが含まれる場合、そのアクションを含むステートメントでそのタイプの ARN を指定できます。必須リソースは、アスタリスク (*) でテーブルに示されています。このアクションを使用してステートメントでリソースレベルのアクセス許可 ARN を指定する場合、このタイプである必要があります。一部のアクションでは、複数のリソースタイプがサポートされています。リソースタイプがオプション (必須として示されていない) の場合、一方を使用することはできますが、他方を使用することはできません。

以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
AddTags 1 つ以上のタグをオブジェクトに追加します (最大 10 個)。各タグはキーとオプションの値で構成されます。 タグ付け

batchprediction

datasource

evaluation

mlmodel

CreateBatchPrediction 観測グループの予測を生成します。 書き込み

batchprediction*

datasource*

mlmodel*

CreateDataSourceFromRDS Amazon RDS から DataSource オブジェクトを作成します。 書き込み

datasource*

CreateDataSourceFromRedshift Amazon Redshift クラスターでホストされているデータベースから DataSource を作成します。 書き込み

datasource*

CreateDataSourceFromS3 S3 から DataSource オブジェクトを作成します。 書き込み

datasource*

CreateEvaluation MLModel の新しい評価を作成します。 書き込み

datasource*

evaluation*

mlmodel*

CreateMLModel 新しい MLModel を作成します。 書き込み

datasource*

mlmodel*

CreateRealtimeEndpoint MLModel のリアルタイムエンドポイントを作成します。 書き込み

mlmodel*

DeleteBatchPrediction DELETED ステータスを BatchPrediction に割り当て、使用できない状態にします。 書き込み

batchprediction*

DeleteDataSource DELETED ステータスを DataSource に割り当て、使用できない状態にします。 書き込み

datasource*

DeleteEvaluation DELETED ステータスを Evaluation に割り当て、使用できない状態にします。 書き込み

evaluation*

DeleteMLModel DELETED ステータスを MLModel に割り当て、使用できない状態にします。 書き込み

mlmodel*

DeleteRealtimeEndpoint MLModel のリアルタイムエンドポイントを削除します。 書き込み

mlmodel*

DeleteTags ML オブジェクトに関連付けられている指定されたタグを削除します。このオペレーションが完了すると、削除されたタグを復旧することはできません。 タグ付け

batchprediction

datasource

evaluation

mlmodel

DescribeBatchPredictions リクエスト内の検索条件に一致する BatchPrediction オペレーションのリストを返します。 リスト
DescribeDataSources リクエスト内の検索条件に一致する DataSource のリストを返します。 リスト
DescribeEvaluations リクエスト内の検索条件に一致する DescribeEvaluations のリストを返します。 リスト
DescribeMLModels リクエスト内の検索条件に一致する MLModel のリストを返します。 リスト
DescribeTags 1 つ以上の Amazon ML オブジェクトのタグについて説明します。 リスト

batchprediction

datasource

evaluation

mlmodel

GetBatchPrediction 詳細なメタデータ、ステータス、およびデータファイル情報を含む BatchPrediction を返します。 Read

batchprediction*

GetDataSource メタデータやデータファイル情報、DataSource の現在のステータスを含む DataSource を返します。 Read

datasource*

GetEvaluation メタデータと Evaluation の現在のステータスを含む Evaluation を返します。 Read

datasource*

GetMLModel 詳細なメタデータ、データソース情報、および MLModel の現在のステータスを含む MLModel を返します。 Read

mlmodel*

Predict 指定した ML モデルを使用して観察の予測を生成します。 書き込み

mlmodel*

UpdateBatchPrediction BatchPrediction の BatchPredictionName を更新します。 書き込み

batchprediction*

UpdateDataSource DataSource の DataSourceName を更新します。 書き込み

datasource*

UpdateEvaluation Evaluation の EvaluationName を更新します。 書き込み

evaluation*

UpdateMLModel MLModel の MLModelName と ScoreThreshold を更新します。 書き込み

mlmodel*

Amazon Machine Learning で定義されるリソースタイプ

以下のリソースタイプは、このサービスによって定義され、IAM アクセス許可ポリシーステートメントの Resource 要素で使用できます。アクションテーブルの各アクションは、そのアクションで指定できるリソースタイプを示しています。リソースタイプは、ポリシーに含めることができる条件キーを定義することもできます。これらのキーは、テーブルの最後の列に表示されます。以下の表の列の詳細については、「リソースタイプテーブル」を参照してください。

リソースタイプ ARN 条件キー
batchprediction arn:${Partition}:machinelearning:${Region}:${Account}:batchprediction/${BatchPredictionId}
datasource arn:${Partition}:machinelearning:${Region}:${Account}:datasource/${DatasourceId}
evaluation arn:${Partition}:machinelearning:${Region}:${Account}:evaluation/${EvaluationId}
mlmodel arn:${Partition}:machinelearning:${Region}:${Account}:mlmodel/${MlModelId}

Amazon Machine Learning の条件キー

Machine Learning には、ポリシーステートメントの Condition 要素で使用できるサービス固有のコンテキストキーはありません。すべてのサービスで使用できるグローバルなコンテキストキーのリストについては、条件に利用可能なキーを参照してください。