AWS CodeStar Connections のアクション、リソース、および条件キー - サービス認証リファレンス

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS CodeStar Connections のアクション、リソース、および条件キー

AWS CodeStar Connections (サービスプレフィックス: codestar-connections) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

AWS CodeStar Connections で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用して、AWS でオペレーションを実行するアクセス許可を付与します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。

[リソースタイプ] 列は、各アクションがリソースレベルのアクセス許可をサポートしているかどうかを示します。この列に値がない場合は、ポリシーステートメントの Resource 要素ですべてのリソース (「*」) を指定する必要があります。列にリソースタイプが含まれる場合、そのアクションを含むステートメントでそのタイプの ARN を指定できます。必須リソースは、アスタリスク (*) でテーブルに示されています。このアクションを使用してステートメントでリソースレベルのアクセス許可 ARN を指定する場合、このタイプである必要があります。一部のアクションでは、複数のリソースタイプがサポートされています。リソースタイプがオプション (必須として示されていない) の場合、一方を使用することはできますが、他方を使用することはできません。

以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
CreateConnection 接続リソースを作成するアクセス許可を付与します。 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

codestar-connections:ProviderType

CreateHost ホストリソースを作成するアクセス許可を付与します 書き込み

codestar-connections:ProviderType

DeleteConnection 接続リソースを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

Connection*

DeleteHost ホストリソースを削除するアクセス許可を付与します 書き込み

Host*

GetConnection 接続リソースに関する詳細を取得するアクセス許可を付与します Read

Connection*

GetHost ホストリソースに関する詳細を取得するアクセス許可を付与します Read

Host*

GetIndividualAccessToken [アクセス許可のみ] Bitbucket アプリのインストールなど、サードパーティーを接続に関連付けるアクセス許可を付与します Read

codestar-connections:ProviderType

codestar-connections:StartOAuthHandshake

GetInstallationUrl [アクセス許可のみ] Bitbucket アプリのインストールなど、サードパーティーを接続に関連付けるアクセス許可を付与します Read

codestar-connections:ProviderType

ListConnections 接続リソースを一覧表示するアクセス許可を付与します リスト

codestar-connections:ProviderTypeFilter

ListHosts ホストリソースを一覧表示するアクセス許可を付与します リスト

codestar-connections:ProviderTypeFilter

ListInstallationTargets [アクセス許可のみ] Bitbucket アプリのインストールなど、サードパーティーを接続に関連付けるアクセス許可を付与します リスト

codestar-connections:GetIndividualAccessToken

codestar-connections:StartOAuthHandshake

ListTagsForResource リソースの管理に使用されるキーと値のペアのセットを取得します リスト

Connection*

PassConnection [アクセス許可のみ] codepipeline:CreatePipeline など、接続 ARN を入力として受け入れる AWS のサービスに接続リソースを渡すアクセス許可を付与します Read

Connection*

codestar-connections:PassedToService

RegisterAppCode [アクセス許可のみ] GitHub Enterprise Server インスタンスなどのサードパーティーサーバーをホストに関連付けるアクセス許可を付与します Read

codestar-connections:HostArn

StartAppRegistrationHandshake [アクセス許可のみ] GitHub Enterprise Server インスタンスなどのサードパーティーサーバーをホストに関連付けるアクセス許可を付与します Read

codestar-connections:HostArn

StartOAuthHandshake [アクセス許可のみ] Bitbucket アプリのインストールなど、サードパーティーを接続に関連付けるアクセス許可を付与します Read

codestar-connections:ProviderType

TagResource 指定されるリソースのタグを追加あるいは変更します。 タグ付け

Connection*

aws:TagKeys

aws:RequestTag/${TagKey}

UntagResource AWS リソースからタグを削除します タグ付け

Connection*

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

UpdateConnectionInstallation CodeStar Connections アプリをインストールした接続リソースを更新するアクセス許可を付与します 書き込み

Connection*

codestar-connections:GetIndividualAccessToken

codestar-connections:GetInstallationUrl

codestar-connections:ListInstallationTargets

codestar-connections:StartOAuthHandshake

codestar-connections:InstallationId

UpdateHost ホストリソースを更新する権限を付与します 書き込み

Host*

UseConnection [アクセス許可のみ] 接続リソースを使用してプロバイダーのアクションを呼び出すアクセス許可を付与します Read

Connection*

codestar-connections:FullRepositoryId

codestar-connections:ProviderAction

codestar-connections:ProviderPermissionsRequired

AWS CodeStar Connections で定義されるリソースタイプ

以下のリソースタイプは、このサービスによって定義され、IAM アクセス許可ポリシーステートメントの Resource 要素で使用できます。アクションテーブルの各アクションは、そのアクションで指定できるリソースタイプを示しています。リソースタイプは、ポリシーに含めることができる条件キーを定義することもできます。これらのキーは、テーブルの最後の列に表示されます。以下の表の列の詳細については、「リソースタイプテーブル」を参照してください。

リソースタイプ ARN 条件キー
Connection arn:${Partition}:codestar-connections:${Region}:${Account}:connection/${ConnectionId}
Host arn:${Partition}:codestar-connections:${Region}:${Account}:host/${HostId}

AWS CodeStar Connections の条件キー

AWS CodeStar Connections では、IAM ポリシーの Condition 要素で使用できる以下の条件キーを定義します。これらのキーを使用して、ポリシーステートメントが適用される条件をさらに絞り込むことができます。以下の表の列の詳細については、「条件キーテーブル」を参照してください。

すべてのサービスで使用できるグローバル条件キーを確認するには、使用できるグローバル条件キーを参照してください。

条件キー 説明 タイプ
aws:RequestTag/${TagKey} リクエストで渡されたタグに基づいてアクションをフィルタリングします。 文字列
aws:ResourceTag/${TagKey} リソースに関連付けられているタグに基づいてアクションをフィルタリングします。 文字列
aws:TagKeys リクエストで渡されたタグキーに基づいてアクションをフィルタリングします。 文字列
codestar-connections:BranchName リクエストで渡されたブランチ名でアクセスをフィルタリングします特定のリポジトリブランチへのアクセスに関する UseConnection リクエストにのみ適用します 文字列
codestar-connections:FullRepositoryId リクエストで渡されたリポジトリによるアクセスをフィルタリングします。特定のリポジトリにアクセスするための UseConnection リクエストにのみ適用します 文字列
codestar-connections:HostArn リクエストで使用された接続に関連付けられたホストリソースによってアクセスをフィルタリングします 文字列
codestar-connections:InstallationId Connection の更新に使用されるサードパーティー ID (CodeStar Connections 用の Bitbucket アプリのインストール ID など) でアクセスをフィルタリングします。Connection を作成するために使用できるサードパーティー製アプリのインストールを制限できます。 文字列
codestar-connections:OwnerId サードパーティーのリポジトリの所有者によるアクセスをフィルタリングします。特定のユーザーが所有するリポジトリへのアクセスに関する UseConnection リクエストにのみ適用 文字列
codestar-connections:PassedToService プリンシパルが接続を渡すことを許可されているサービスによるアクセスをフィルタリングします。 文字列
codestar-connections:ProviderAction ListRepositories など、UseConnection リクエストのプロバイダーアクションによってアクセスをフィルタリングします。すべての有効な値については、ドキュメントを参照してください。 文字列
codestar-connections:ProviderPermissionsRequired UseConnection リクエストのプロバイダーアクションの書き込みアクセス許可でアクセスをフィルタリングします。有効なタイプには、読み取り専用と読み取り書き込みがあります。 文字列
codestar-connections:ProviderType リクエストで渡されたサードパーティープロバイダーのタイプによってアクセスをフィルタリングします。 文字列
codestar-connections:ProviderTypeFilter 結果をフィルタリングするために使用されるサードパーティープロバイダーのタイプによってアクセスをフィルタリングします。 文字列
codestar-connections:RepositoryName リクエストで渡されたリポジトリ名でアクセスをフィルタリングします。新しいリポジトリを作成するための UseConnection リクエストにのみ適用します 文字列