AWS Service Catalog CloudWatch のメトリクス - AWS Service Catalog

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Service Catalog CloudWatch のメトリクス

Amazon CloudWatch を使用して AWS Service Catalog リソースをモニタリングすることで、AWS Service Catalog の raw データを読み取り可能なメトリクスとして収集して処理できます。これらの統計情報は 2 週間記録されるため、履歴情報にアクセスしてサービスの動作をより的確に把握できます。AWS Service Catalog メトリクスデータは 1 分間隔で CloudWatch に自動的に送信されます。CloudWatch の詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」を参照してください。

CloudWatch メトリクスを有効にする

Amazon CloudWatch メトリクスはデフォルトで有効化されます。

使用できるメトリクスとディメンション

AWS Service Catalog が Amazon CloudWatch に送信するメトリクスおよびディメンションは次のとおりです。

AWS Service Catalog メトリクス

AWS/ServiceCatalog 名前空間には、次のメトリクスが含まれます。

メトリクス 説明

ProvisionedProductLaunch

指定された期間内に特定の製品およびプロビジョニングアーティファクトに対して起動されたプロビジョニング済みの製品の数。

単位: カウント

有効な統計: Minimum、Maximum、Sum、Average

AWS Service Catalog メトリクスのディメンション

AWS Service Catalog は以下のディメンションを CloudWatch に送信します。

ディメンション 説明

State

このディメンションは、この指定された状態で起動されたすべてのプロビジョニング済み製品に対してリクエストしたデータをフィルタリングします。これにより、起動の状態別にデータを分類するのに役立ちます。

有効な状態: SUCCEEDED、FAILED

ProductId

このディメンションは、識別された製品 ID に対してのみ、リクエストしたデータをフィルタリングします。これにより、起動予定の商品を正確に特定することができます。

ProvisioningArtifactId

このディメンションは、識別されたプロビジョニングアーティファクト ID のみに対して、リクエストしたデータをフィルタリングします。これにより、起動予定の製品のバージョンを正確に特定することができます。