Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES 通知を使用したモニタリング

Amazon SES を使用して電子メールを送信するには、バウンスと苦情を管理するためのシステムが必要です。Amazon SES は、通知メールを送信する、Amazon SNS トピックを通知する、送信イベントを公開する、の 3 つのいずれかの 方法でバウンスや苦情イベントを通知します。このセクションでは、E メールまたは Amazon SNS トピックに通知することによって、特定の種類の通知を送信するように Amazon SES を設定する方法について説明します。送信イベントを公開する方法の詳細については、「Amazon SES イベント発行を使用したモニタリング」を参照してください。

Amazon SES コンソールまたは Amazon SES API を使用して通知をセットアップできます。

重要な考慮事項

通知を送信するように Amazon SES を設定する際に考慮すべきいくつかの重要な点があります。

  • E メールと Amazon SNS 通知は、個々のアイデンティティ (E メールの送信に使用する検証済みの電子メールアドレスまたはドメイン) に適用されます。アイデンティティの通知を有効にすると、Amazon SES はそのアイデンティティから送信された E メールにのみ通知を送信し、通知を設定した AWS リージョンでのみ通知を送信します

  • バウンスや苦情の通知を受け取る方法を有効にする必要があります。バウンスや苦情を生成したドメインや電子メールアドレス、または Amazon SNS トピックに通知を送信できます。またイベント発行を使用して、いくつかの異なる種類のイベントに関する通知 (バウンス、苦情、配信) を Amazon SNS トピックまたは Kinesis Data Firehose ストリームに送信できます。

    バウンスや苦情の通知を受け取るこれらの方法の 1 つを設定しない場合は、E メールのフィードバック転送を無効にしていても、Amazon SES はバウンスや苦情のイベントの原因となった E メールの Return-Path アドレス (または Return-Path アドレスを指定しなかった場合はソースアドレス) にバウンスや苦情の通知を自動的に転送します。

    E メールのフィードバック転送を無効にし、イベント発行を有効にする場合は、送信するすべての E メールにイベント発行ルールを含む設定セットを適用する必要があります。この状況で、設定セットを使用しない場合は、Amazon SES はバウンスや苦情のイベントの原因となった E メールの Return-Path アドレスまたはソースアドレスにバウンスや苦情の通知を自動的に転送します。

  • 1 つ以上の方法 (E メール通知を送信する、イベントの送信を使用するなど) を使用してバウンスや苦情を送信するように Amazon SES を設定する場合は、同じイベントに対して 1 つ以上の通知を受け取る場合があります。

このページの内容: