Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES SMTP インターフェイスを使用して E メールを送信する

Amazon SES を介して本稼働 E メールを送信する場合には、Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)インターフェイスまたは Amazon SES API を使用できます。Amazon SES API の詳細については、「Amazon SES API を使用して E メールを送信する」を参照してください。このセクションでは、SMTP インターフェイスについて説明します。

Amazon SES は、インターネットで最も一般的な E メールプロトコルである SMTP を使用してメールを送信します。SMTP 対応の各種プログラミング言語やソフトウェアを使用して Amazon SES SMTP インターフェイスに接続することで、Amazon SES を介して E メールを送信できます。このセクションでは、Amazon SES を介して E メールを送信するために、Amazon SES の SMTP 認証情報を取得する方法、SMTP インターフェイスを使用して E メールを送信する方法、および、各種のソフトウェアおよびメールサーバーの設定方法を説明します。

注記

SMTP インターフェイスを介して Amazon SES を使用する際に発生する可能性がある一般的な問題の解決策については、「Amazon SES SMTP に関する問題」を参照してください。

Amazon SES SMTP インターフェイスを使用して E メールを送信するには、次の情報が必要です。

  • AWS アカウント。詳細については、「AWS にサインアップする」を参照してください。

  • SMTP インターフェイスのホスト名 (エンドポイント)。Amazon SES SMTP エンドポイントのリストは、「Amazon SES SMTP エンドポイントに接続する」を参照してください。

  • SMTP インターフェイスのポート番号。ポート番号は接続方法によって変わります。詳細については、「Amazon SES SMTP エンドポイントに接続する」を参照してください。

  • SMTP ユーザー名とパスワード。SMTP 認証情報は、各 AWS リージョンに固有です。複数の AWS リージョンで SMTP インターフェイスを使用して E メールを送信する予定がある場合は、リージョンごとにユーザー名とパスワードが必要になります。

    重要

    SMTP ユーザー名とパスワードは、Amazon SES コンソールにサインインするときに使用する AWS アクセスキーや認証情報と同じではありません。SMTP ユーザー名とパスワードを生成する方法については、「Amazon SES SMTP 認証情報を取得する」を参照してください。

  • Transport Layer Security (TLS) を使用して通信できるクライアントソフトウェア。詳細については、「Amazon SES SMTP エンドポイントに接続する」を参照してください。

  • Amazon SES で検証済みの E メールアドレス。詳細については、「Amazon SES の ID の検証」を参照してください。

  • 大量の E メールを送信する場合、送信制限を引き上げます。詳細については、「Amazon SES の送信制限の管理」を参照してください。

次に、以下を実行することにより、E メールを送信できます:

SMTP 応答コードのリストについては、「Amazon SES から返される SMTP 応答コード」を参照してください。

提供する E メール情報

SMTP インターフェイスで Amazon SES にアクセスする場合、SMTP クライアントアプリケーションでメッセージがアセンブルされるため、提供する必要のある情報は使用するアプリケーションによって異なります。少なくとも、クライアントとサーバー間の SMTP 交換には、送信元アドレス、宛先アドレス、およびメッセージデータが必要です。

SMTP インターフェイスを使用していて、フィードバック転送が有効になっている場合、バウンス、苦情、配信通知は "MAIL FROM" アドレスに送信されます。指定した "Reply-To" アドレスはいずれも使用されません。

このページの内容: