Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES で E メールを受信するための受信ルールの作成

受信ルールを使用すると、所有する E メールアドレスやドメインで受信した E メールを Amazon SES で処理する方法を指定できます。受信ルールは、条件および順序指定されたアクションのリストで構成されます。受信メールの受取人が受信ルールの条件に指定された受取人と一致すると、その受信ルールに指定されたアクションが Amazon SES で実行されます。E メール受信プロセスにおける受信ルールの役割の詳細については、「メール受信の概念」を参照してください。

重要

受信ルールを設定するには、まずドメインを検証し、そのドメインに対して MX レコードを発行します。ドメインの検証の詳細については、「Amazon SES でのドメインの検証」を参照してください。MX レコードの発行の詳細については、「Amazon SES で E メールを受信するための MX レコードの発行」を参照してください。

受信ルールは、Amazon SES コンソールまたは CreateReceiptRule API オペレーションを使用して作成できます。このセクションでは、コンソールで新しい受信ルールを作成する手順を示します。この手順では、Amazon SES アカウントに既存の受信ルールが含まれていないものとします。

受信ルールのセットアップ

ルールを作成するには、Amazon SES コンソールまたは CreateReceiptRule API を使用できます。

コンソールを使用して受信ルールを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[Email Receiving]、[Rule Sets] の順に選択します。

  3. [Create a Receipt Rule] を選択します。

  4. 次の手順を使用して、1 人以上の受取人を追加します。これらの受取人を総称して条件と呼びます。受信ルールごとに 100 人の受取人を指定できます。

    1. [Recipients] で、受信ルールをセットアップする対象の受信メールアドレスまたはドメインを指定します。次の表では、アドレス user@example.com を使用して受取人を指定する方法を示しています。

      目的 指定する受取人 コメント
      特定の E メールアドレスとマッチさせます。 user@example.com また、ラベルが含まれるアドレスのバリエーション (user+123@example.comuser+xyz@example.com など) ともマッチさせます。ただし、ラベルが含まれるアドレスを指定すると、その特定のアドレスのみがマッチされます。
      ドメイン内のすべてのアドレスとマッチさせるが、そのサブドメイン内のアドレスとはマッチさせません。 example.com
      特定のサブドメイン内のすべてのアドレスとマッチさせるが、親ドメイン内のアドレスとはマッチさせません。 subdomain.example.com
      すべてのサブドメイン内のすべてのアドレスとマッチさせるが、親ドメイン内のアドレスとはマッチさせません。 .example.com ドメイン名の前のピリオド (.) に注意してください。
      ドメイン内のすべてのアドレスとマッチさせて、さらにそのすべてのサブドメイン内のすべてのアドレスとマッチさせます。 example.com

      .example.com

      2 つの受取人を別個に作成して、1 つにはドメイン名を使用し、別の 1 つにはピリオド (.) に続けてドメイン名を使用します。
      すべての検証済みドメイン内のすべての受取人とマッチさせます。 [なし] 受取人フィールドを空にします。

      重要

      複数の Amazon SES アカウントが共通のドメインで E メールを受信する場合 (同じ会社の複数のチームが個別の Amazon SES アカウントを使用する場合など)、Amazon SES では、これらのアカウント間で一致するすべての受信ルールが同時に処理されます。この動作により、あるアカウントではバウンスが生成され、別のアカウントでは E メールが承認されるという状況が発生する場合があります。

      組織内で Amazon SES を使用するチーム間で調整し、各アカウントで固有の受信ルールを使用すること、それらのルールは重複していないことを確認することをお勧めします。このような場合、グループやチームに固有のメールアドレスやサブドメインのみを使用するように受信ルールを設定するのが最適です。

    2. [Add Recipient] を選択します。

    3. 追加する受取人ごとにステップ a とステップ b を繰り返します。受取人の追加が完了したら、[Next Step] を選択します。

  5. 次の手順を使用して、受信ルールに 1 つ以上のアクションを追加します。

    1. メニューからアクションを選択します。

    2. アクションの設定を選択します。各アクションのオプションについては、「アクションのオプション」を参照してください。

    3. 必要に応じてアクションを追加してから、[Next Step] を選択します。

  6. [Rule Details] については、次の手順を使用して設定を選択します。

    1. [Rule Name] に、受信ルールの名前を入力します。名前は 64 文字未満で、英数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_)、ピリオド (.) を使用できます。文字. 名前の最初と最後は、文字または数字でなければなりません。

    2. その受信ルールを有効にする場合は、[Enabled] オプションを選択したままにします。

    3. Transport Layer Security (TLS) で暗号化された接続を介して送信されていない受信メールを Amazon SES で拒否するには、[TLS] を選択します。

    4. Amazon SES で受信メールのスパムおよびウイルスをスキャンするには、[Enable Spam and Virus Scanning] を選択します。

  7. [Rule Set] では、既存の受信ルールセットを選択するか、[Create New Rule Set] をクリックします。

  8. [Rule Position] では、この受信ルールを、順序どおりに並べた受信ルールのリストのどの位置に配置するかを選択します。受信ルールは順序どおりに評価されます。

  9. [Next Step] を選択し、さらに [Create Rule] を選択します。

CreateReceiptRule API を使用してルールを作成する方法については、「Amazon Simple Email Service API Reference」を参照してください。

このページの内容: